当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

iPhone・iPad

MOFT with MagSagfeレビュー|iPhone 12裸族運用の最適解

MOFT with MagSafeどんなアイテム?

MOFT with MagSafeはiPhone 12シリーズのMagSafeに対応したスマホスタンドだ。指をかけてバンカーリングのように使うこともできる。

結論から言うと、iPhone 12 miniの裸運用とLightningからの解放を僕に許してくれる最高のアイテムなのだ。今回レビュー用にサンプルを提供していただいたので紹介する。

気に入ったポイント

  • 薄型でiPhoneをスマートに保てる
  • スタンドにもなる
  • MagSafeで取り外し楽ちんなのでワイヤレス充電も可能

いまいちなポイント

  • 未知数だけれど耐久性
  • ケースを選ぶ

なぜ欲しいと思ったか

旧MOFT Xを使用していて、大変に気に入っていた。MagSafeに対応したらiPhone 12とともに購入しようと思っていた・・・ら、運よくレビュー用に提供していただいた。

なぜここまでMOFTとMagSafeの組み合わせに拘っていたかというと、iPhoneを裸で運用したいという夢があったからだ。多くの人が裸運用できない理由は落下では損する恐れがあるから。それを防ぐには以下の2つのアプローチが考えられる。

  1. 落としても破損しないように保護する
  2. 落下するリスクを最小限にする

MOFT with MagSafeなら2つのうち2番目のアプローチが可能というわけ。

旧MOFT Xを使う前はスタンド機能に魅力を感じていたんだけれど、実際に使い始めてからは「iPhoneを落とさなくなった」ことこそがMOFTの真の魅力だと気づいた。

MOFT with MagSafeの外観を紹介

スタンドにもグリップにもなる

MOFT Xの機能を写真で簡単に説明する。

iPhone 12 miniとの組み合わせ

次に僕の使用しているiPhone 12 miniとの組み合わせ、主にサイズ感について紹介する。

iPhone12 miniでギリギリ使えるジャストサイズになっている。

気に入ったポイントを解説

僕はMOFT with MagSafeを非常に気に入っており、ボロボロになるまで使い続けるつもりだ。ボロボロになったら新品に買い替えると思う。

そこまで気に入った理由を解説する。

薄型でiPhoneをスマートに保てる

MOFT with MagSafe
iPhoneに装着しても薄さを損なわない

全てのMOFTシリーズはフィロソフィーであるかのように薄く畳める。MOFT with MagSafeも例に漏れず非常に薄く畳める。僕が他のどれでもないMOFT with MagSafeを使い続ける理由はこの薄さだ。

個人的にiPhoneをゴテゴテさせるのは避けたい、けれどiPhoneのホールド力を上げたい、そんなわがままに応えてくれるのはMOFT with MagSafeだけだ。

6.1インチのiPhone XRを使用していたときは、MOFT Xに人差し指から小指まで差し込んでしっかりホールドしていた。ひるがえってiPhone 12 miniのサイズ感は絶妙で、薬指と小指だけ差し込めば十分。おかげでアクセシビリティーの背面タップを人差し指でしやすくなった。

スタンドにもなる

iPhoneのホールド力を上げてくれる薄いアイテムというだけで僕にとっては十分に価値がある。しかしMOFT Xはそれだけではないのだ。

MOFT with MagSafe

スタンドとしても機能する。

縦置き、横置きどちらにも対応しているが、iPhone12 miniのサイズ感だと横置きはいまひとつ。そんなときはフローティングモードにすれば解決だ。

MOFT with MagSafe

僕はキーボードだけ持ち歩き、iPhoneに接続して記事を書くときがある。これまでならスタンドも持っていく必要があったのだが、MOFT Xを使い始めてからは本当にキーボードだけ持ち歩けばOKだ。

外せるのでワイヤレス充電も可能

旧MOFT Xを使っていたときは背面に粘着させる仕組みだったため、(つけ外しが可能といっても)容易に外せなかった。何が困るかというと、ワイヤレス充電ができないのだ。

僕はMagic KeyboardやMagic TrackpadなどLightningで充電するものはマグネット端子をつけている。これによってケーブルをUSB-Cやmicro USBと共用できるのだ。だから半分は脱Lightningできていた。

↑僕はこれを3セットくらい購入している。データ通信ができるので自作キーボードにも使える。

一方でiPhoneはというと、下に出っ張りができるのが嫌でマグネット端子は使っていなかった。ワイヤレス充電もMOFT Xが邪魔してできなかったのだ。

MOFT with MagSafe

ところがMOFT with MagSafeは外せないという弱点を完全に克服してきた。充電時はMOFT with MagSafeを外してワイヤレス充電機に置き、充電が終わればパチリとMOFT with MagSafeをまたつけてあげればいい。とても快適だ。

かくして僕の家からは完全にLightningケーブルが消えた。やったね!

イマイチなポイントを解説

最後にイマイチなポイントも2つ紹介しておこう。

ケースを選ぶ

従来は両面テープで貼り付けるタイプだったが、新作はMagSafeを使用している。したがって非対応のケースを使用していると磁力が弱まって、外れてしまうかもしれない。

全幅の信頼を置けないのなら、むしろMOFT with MagSafeを付けない方が気をつけてiPhoneを取り扱うだろう。

あなたがすでにお気に入りのケースを使用していて、それがMagSafe非対応なら、MOFT with MagSafeの使用はおすすめできない。

MOFT with MagSafe

逆にケースをつけていなければ、磁力はiPhone 12 miniを落とさないために十分な磁力を有している。

耐久性に一抹の不安

ここで一度、前作のMOFT Xを一年使った状態での消耗具合を見て欲しい↓

前作のMOFT Xは使用1年ほどでボロボロになってしまった。iPhoneよりは寿命は短いことは確かだ。

僕の新しいMOFT with MagSafeの個体も、切りっぱなしになっている繊維の層の縁にややほつれてきている感じがある。使用には問題ないし、縫い合わせている糸は全くほつれていない(し、旧MOFT Xでは1年使ってもほつれなかった)。

繰り返すが機能が落ちるわけではなく、あくまで外観の問題だ。だが消耗品と割り切って購入することをおすすめしたい。

今日のぐうの音

昨年2020年の末から使用し始めたので、もうすぐ1ヶ月になるところ。結論としてはMOFT with MagSafeに非常に満足している。何より裸運用してもiPhoneを落としそうになったことすらないし、机の上からLightningがいなくなったのだ(念の為、画面にはNIMASOの保護ガラスは貼っているが)。

もしあなたも僕のようにiPhoneの裸運用に興味があるかつLightningとさよならしたいならMOFT with MagSafeはまず検討すべきアイテムだ。

おすすめできる人:

  • iPhoneのスマートさを損いたくない人
  • MagSafeを有効活用したい人
  • スマホスタンドをよく持ち歩く人

もしあなたのスマホが11以前のiPhoneだったりAndroidの場合は旧型のMOFT Xがおすすめだ>【レビュー】薄型スマホスタンドMOFT Xのアイディア勝ち!愛用決定です

当ブログではPCスタンドのMOFT Zもレビューしているので良ければ合わせて読んでみて欲しい>MOFT Zレビュー|こんなに薄いPCスタンドがかつてあっただろうか

理系男子のぐうの音管理人が手放せないiPhone 12 mini・iPad Pro周辺機器

管理人が手放せないiPhone 12 mini周辺機器

SIMフリーのiPhone 12 miniにUQモバイルのSIMを挿して運用しています

昼休みの混雑時でも爆速!余った通信量は次月に持ち越せるのもGOOD!
多少は電話もしますが、3GBプランで毎月2000円以下で運用できています。

天然木材のiPhoneケースで癒やされています

ヨーロッパを中心に人気なWOODWEのiPhoneケースを愛用しています。天然木材のiPhoneケースはまだ誰とも被ったことがありません。

【レビュー】天然木材のiPhoneカバーWOODWEはずっと触っていたくなる

クルミ材ハードウッドケースをチェックする

管理人が手放せないiPad Pro周辺機器

Apple Pencilも角度調節も対応のZUGU CASE

11インチiPad Proのケースをいくつか試して、このZUGU CASEに落ち着きました。少し重いことを除けば最強のケースです。

やっと満足するiPad Pro 11インチのケースに出会えた。ZUGU CASEを紹介します【Apple Pencil対応】

外出時最強のキーボード・HHKB Professional BT

高いけど買ってよかったキーボード。人生で一度はこの打鍵感を味わってほしい。

> 【HHKB Pro BT購入レビュー】高いけど買ってよかった!他のキーボードは使えなくなる打ち心地

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です