ガジェット

HHKBと自作キーボード、どっちを選ぶべき?どっちも使ってみた僕の考えをまとめる

プログラマーのためのキーボードといえばHappy Hacking Keyboard(HHKB)というのがある種常識でした。しかし2016年ころ、自作キーボードの文化が日本でも広まり始めました(海外では昔からポピュラー)。とは言っても一部の人が海外の共同購入サイトで手配する程度でした。それも徐々に増え始め、2018年には日本国内での流通も増えて一気に身近なものになりました。

そう、自作キーボードは特別な一部の詳しい人だけのモノではなくなったのです。

HHKBユーザーだった僕も2019年に自作キーボードに挑戦しました。その経験を踏まえて、HHKBと自作キーボード、それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

  • 今HHKBを使っている人
  • 自作キーボードに興味がある人
  • HHKBを買おうか迷っている人

こんな人に読んで欲しい記事です。

やっぱりスイッチの完成度としてはやはりHHKBが上

HHKBと自作キーボードではキースイッチが異なります。

  • HHKB:静電容量無接点方式
  • 自作キーボード:ほとんどはメカニカル

この点だけ比べれば、やはりHHKBの静電容量無接点方式がより優れているというのが中立な判断でしょう。

詳しく解説していきます。

長く使えるのは静電容量無接点方式(HHKB

静電容量無接点方式の耐久性は無敵です。だって1000万回以上の耐久性があるんですから。

静電容量無接点方式は名前の通りスイッチに物理的な接点を持ちません。そのため摩耗などによる劣化が起きないんですね。これは物理的なスイッチを持っているメカニカルキーボード(その他諸々)と大きく違うところ。

ちなみに光学式というスイッチもあるみたいです。これも物理的な接点がないんだとか。使ってみたい。

静電容量無接点方式(静電容量無接点方式)は原理的にチャタリングが起こらない

http://www.topre.co.jp/products/elec/keyboards/features.html より引用

チャタリングとは「1回押したはずなのに2回入力された」みたいな現象のことです。これはスイッチの接点が接触状態のときに細かい振動などによりON→OFF→ONと切り替わってしまうことで起きてしまいます。

これはスイッチの劣化などによって起きてしまうのですが、前述の通り物理的な接点を持たないHHKBの静電容量無接点方式ならそもそも起きません。

この点に関しては純粋に静電容量無接点方式が勝っていると言えます。

メカニカルスイッチも案外奥が深い

ここまで読むと「静電容量無接点方式こそ至高のスイッチなの?」と思われてしまいそうです。

しかし静電容量無接点方式は

  • 構造が複雑過ぎてコストが割高
  • 生産できるメーカーが少ない(国内では東プレのみ)

と言ったデメリットもあります。

そして使ってみて初めて気づいたのですが、メカニカルにはメカニカルならではの良さがあったんです。

それは選ぶ楽しさ。メカニカルの打鍵感は大きく3種類に分けられます。

  • リニア(赤軸):底打ちまで荷重が変わらない。ストンと落ちる感じ
  • クリッキー(青軸):底打ちの時にカチッというクリック感がある。音が大きく、いわゆるメカニカルという感じ
  • タクタイル(茶軸):途中で荷重が変わり、押した感覚がわかりやすい。スゥコトンという感じ

代表的なのはこの3つです。他にもリニアで荷重が重い黒軸とか、色々あります。沼です。

そこから好きなものを選べるってメカニカルならでは。軸のことを考えるだけでも白米3杯は食べられます。

ちなみに静電容量無接点方式っぽい打鍵感は個人的には茶軸が近いかと。

自作キーボードはHHKBよりキーボードが人に歩み寄ってくれる

HHKBはキーボードの到達点のひとつ。それは間違いありません。

ただ一つの側面として、HHKBには決して乗り越えることができない壁があると僕は思います。それは入力デバイス環境最適化の方法です。

  • HHKB:最終的には各人がキーボードに最適化していくしかない
  • 自作キーボード:キーボード側を各人に最適化することができる

自作ならあらゆることが思いのまま。スイッチも選べるし、キーキャップも選択肢がHHKBよりも広がります。そしてなによりキーマッピングを自分専用にカスタマイズできるんです。

一度触るとパラダイム転換が起きます。もしあなたのHHKBに「ほとんど押されないキー」が一つでもあるのなら、自作を検討する価値は確実にあります。

逆に「静電容量無接点方式」は自作キーボードには絶対に乗り越えられない壁ですね。

今日のぐうの音:HHKBが好きなら自作キーボードにも挑戦すべし

ergo42 towel僕が購入した「ergo42 towel」のキットなど

あなたがHHKB好きなら、きっと下記のどちらか、もしくは両方にも当てはまるでしょう(打鍵感最高というのは言わずもがななので省いてます)。

  1. ホームポジションから手を動かさずに全てのキーに届く、まるでキーボードが体の一部になったかのような感覚が好き
  2. 矢印キーすらない、スパルタンなキー配列(あるいはそれを使いこなす自分)が好き

どちらにも当てはまらないなら、Realforceを使っているはずですから。

上記の2点は自作キーボードならより突き詰めることができます。やっぱり合わなければHHKBに寄せることも思いのまま。

ぜひ自作キーボードの深い深い沼に足を踏み入れてはいかがでしょうか?

ergo42 towel
自作キーボードErgo42 towel、知識ゼロ初心者の作製記録【遊舎工房にて】自作キーボード沼の縁からお届けしています。 前回の記事では、秋葉原の自作キーボード専門店・遊舎工房でキーボードを購入したレポートをしま...
【HHKB Pro BT購入レビュー】高いけど買ってよかった!他のキーボードは使えなくなる打ち心地こんにちは、るびこです。 キーボードの沼は深い。 前々から気になっていた高級キーボードPFU Happy Hacking Keybo...
「理系男子のぐうの音」の人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です