会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

11インチiPad ProはiPad Air 2から買い換えの価値はあるのか?2台を比較してみました

Apple Pencilの使いどころがイマイチ分からず、欲しいとは思っていたもののApple PencilとiPad Proの購入に踏み切れずにいました。

そんな中迎えたiPad Pro2018が発表された日・・・

「Apple Pencilはついに完成した」

と感じました。もうそこからは11インチか12.9インチか決めるだけ。
特に不満なく使い続けていた(少し飽きも感じ始めていた)iPad Air 2から買い換える決意ができました。

ブロガーならレビューできるという大義名分がありますから、「本当に自分にApple Pencilが必要なんだろうか・・・」なんて迷うのもナンセンス。
11インチと決めた次の日には手に入れました。
関連記事:発売開始直後のiPad Proを安く買うなら家電量販店「ヤマダ電機」!現金値引きもありました - 理系男子のぐうの音

その判断は本当に正しかったのかどうか。11インチiPad ProとiPad Air 2を2台並べて考えてみました。

画面サイズを比較:iPad Proは大きい!


iPad Air 2(左)iPad Pro(右)

ちょうどiPad Air 2の本体サイズが11インチiPad Proの画面サイズくらいですね。表示領域は広くなったのは強く感じます。

ホームボタンがなくなったのは大きな特徴です。上下左右を意識することがなくなりました。

インチで考えれば1.1倍くらいになっているので、大きいなって思います。同時にアプリの間隔もうちょっと詰めてもいいのでは?とも思う。

電子書籍としてみた11インチiPad Pro

マンガの読みやすさは明らからに向上しました。どんなマンガでも見開き表示で読むことができます。これは本当に快適。

9.7インチのiPad Air 2でも見開きで読むことはできたんですが、やっぱり大きい画面の方がいいです。

マンガを読むにはベストサイズな11インチiPad Pro。でも、11インチiPad Proでも雑誌の見開き表示は厳しいです。

片側1ページ表示でも、細かい文字を読むにはピンチイン(拡大)する必要が出てきます。雑誌をメインで読むなら12.9インチの方が良さそうだなあ。

重量を比較:ほとんど同じだけど・・・


11インチiPad Proは474 g


iPad Air 2は440 g

さすがに11インチiPad Proのほうが重いですが、ここまで肉薄するとは。
しかし大きくなった分、持った場所から重心が離れるので体感は30 g以上重くなったように感じます。テコの原理。

持ち比べれば重くなったと認識できますが、すぐ慣れるでしょう。

厚さを比較:iPad Proの薄さはすごい


iPad Air 2(左)iPad Pro(右)

厚さは若干ですが11インチiPad Proのほうが薄くなっています。体感では薄さにあまり差はありません。

iPad Air 2は丸みを帯びた形状なのに対し、iPad Proは角張っています。角張っている分「板」感が強い。iPhone 5シリーズを思い出します。

正直なところ持ち安さはiPad Air 2が上。ラウンド形状が手にフィットします。

結構手に持って使うこともある(そのために12.9インチを選ばなかった)ので、持った時の間隔は私にとって大切。

色を比較:同じスペースグレイでも結構違う


iPad Air 2(左)iPad Pro(右)

どっちもスペースグレイなんです。信じられますか?
iPad Air 2のほうが濃度が薄く、iPad Proのほうがより濃いグレーになっています。

完全な好みなのでどっちがいいとはいい難いですが、個人的にはiPad Proの色のほうが好み。

カメラを比較:iPad Proは出っ張りが・・・


iPad Air 2(上)iPad Pro(下)

iPad Proになり、レンズが明るくなっています(f/2.4 → f/1.8)。
そのせいでレンズが大きく、出っ張っています。

あまりテーブルに直置きして使うことはないので、それほど問題はなさそうです。
とは言え、傷つきやすくなるなどのでメッリトはあるので歓迎すべきことではありませんが。

ケースを付けて運用するなら気にはならないので、カメラの性能向上は単純に歓迎すべきことですね。

充電器を比較:そしてUSB-Cへ

  • 左:iPad Air 2用のACアダプタ
  • 右:iPad Pro用のACアダプタ

正直言ってiPad Air 2用の方が好き。
プラグを海外用に交換もできるし、持ち運びの時は端子を折りたためる。MacBookの充電器を継承したスタイルです。

一方でiPad Pro用のはどちらかというとiPhoneの充電器に近いですね。継ぎ目がなくて美しいというのもポイントの一つではありますが、機能面ではiPad Air 2用に劣ります。
でも、充電側もUSB-Cなのは歓迎すべき点です。

USBからUSB-Cへの移行期間が一番面倒くさい。どちらも持ち歩かなくちゃいけないので。

もういっそのこと全部USB-Cに統一して欲しいです、何もかも。そう言った意味ではUSB-Cが使用されているデバイスに統一できるのは非常に歓迎すべきことです。

我々消費者が意図的にmicro USBを選択しないという姿勢を見せる必要があるかもしれませんね。

処理能力も向上しているみたいだけれど

体感ではあまり感じません。正直なところ。

用途もブラウジングと電子書籍閲覧がメインなので、そんなにスペックは必要ないんですよね。ゲームとか負荷かけるようなことをするなら別だと思いますが。

でもLightroomでの画像編集は、はっきりわかるほどサクサクになりました。これはうれしい。
あとApple Pencilのおかげで、使い物にならなかった修復ブラシが一気に使える子になったことが最高にうれしい。

これまでは空き時間に大まかな雰囲気をiPadで整えて、その後腰を据えてPCで修復ブラシなどの微調整をしていました。
それがiPad Proだけで完結するようになったので、それだけでApple Pencil買ってよかった。

というわけで、処理能力向上も含め画像編集はiPad Proにしたことによって快適になりました。

Face IDはiPadのためのテクノロジーだ

基本的にiPadは上下左右をあまり気にせずに使えます。指紋認証によるロック解除を除いては

何気なく右手を出したのに、左側にホームボタンがあった時の絶望感たるや。それはまるでUSBを上下逆に挿そうとしてしまった時のよう。

Face IDを手に入れて、iPadは完全に上下左右の概念から解き放たれました。

iPhoneなら基本的にホームボタンを下にして持つので、かの絶望は味あわなくて済みますが。

またFace IDはマスクやサングラスの着用にめっぽう弱いことで知られています。
でもiPadならあまり屋外で使うこともないでしょう。基本的に自宅でしか使わない人もおおいはず。

自宅なら基本的に顔に装飾はないはずなので、Face IDの実力をいかんなく発揮できますね。

「そうか、Face IDはiPadのためのテクノロジーだったんだ」

今日のぐうの音:iPad Air 2からの乗り換えの価値は・・・

iPad Air 2からの買い換えの価値は・・・ありません!!

あえて「ありません」と書かせてもらいましたが条件があります。

iPadをコンテンツ消費のためのデバイスとして使っているなら、急いで買い換える必要はありません。
本記事はiPad Proのレビュー中心のため上手くお伝えできませんでしたが、使い比べて感じたことは「まだまだiPad Air 2は現役だな」ということ。

大画面でのブラウジング、写真や電子書籍の閲覧をするだけならiPad Air 2で十分だと感じました。

逆にApple Pencilで画像編集や絵を描くなど、iPadをコンテンツ生成のためのデバイスとして使っていきたいのなら、今すぐ買い換えるべきだと断言できます。

今回の正統進化によりApple Pencilの欠点もほぼなくなったと言っていいでしょう。
関連記事:【レビュー】11インチiPad Pro 2018ファーストインプレッション!これがiPadの完成形か - 理系男子のぐうの音

Apple Pencil(第2世代)は第1世代と比べ高価になってはいますが、iPad Air 2を下取りに出せば丁度まかなえるくらいです。

「新しいApple Pencilを使って色々やってみたい!」と思っているなら、買い換える価値は十分にあります。

あなたはどっちでしょうか?ご参考になれば幸いです。

  • iPadをコンテンツ消費デバイスとして使うなら買い替えなくてよし
  • iPadをコンテンツ生成デバイスとして使うなら今すぐ買い換えるべし

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved