会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

【レビュー】11インチiPad Pro 2018ファーストインプレッション!これがiPadの完成形か


どーん!

販売開始から1週間以上経ってしまって出遅れ感はありますが、iPad Pro 11インチを購入しました。

購入したのは2018年モデルのiPad Pro 11インチ・256GB版です。色はスペースグレイ。あとWi-Fiモデル。
もちろんApple Pencil(第2世代)も合わせて購入しました。
関連記事:発売開始直後のiPad Proを安く買うなら家電量販店「ヤマダ電機」!現金値引きもありました - 理系男子のぐうの音

64GBじゃ不安だけど256GBじゃ持て余す。128GBくらいがちょうど良さそうな私の使い方。同じような人多いんじゃないでしょうか?

あえてそのボリュームゾーンを外してくるあたり、iPhoneも同じやり口ですよね。

基本的にRAMが4GBで1TB版のみ6GBらしいですが、これまで使ってたiPad Air 2の処理能力に不満もないので大丈夫でしょう。

まずはファーストインプレッションという形で簡単ですがレビューしていきます。

11インチiPad Pro 2018開封の儀

それでは早速開封していきます。


まずはフィルムを剥がして・・・


ぬるりと開きます。

最初は自重で落ちてくるので開きやすいんですけど、2回目以降、iPad Proが入っていない状態では落ちてこないので開けにくい。


同梱物は以下の3つ。

  • iPad Pro
  • USB-C充電ケーブル
  • 18W USB-C電源アダプタ

もちろんAppleのステッカーも入っているわけですが、皆さんどこに貼ってます?

11インチiPad Pro 2018のファーストインプレッション


まず、画面がでかい!もう画面を持っているような感じ。

iPhone Xシリーズと比べてしまえば、ベゼル(縁)はまだまだ太いです。しかし基本的にこのiPad Proはベゼルを持って使う都合上これ以上ベゼルが狭いと困りますね。

持って使うことを想定していない12.9インチiPad Proならベゼルレスでもいいかもしれませんね。

個人的にはこの筐体と画面の大きさバランスはベストです。


背面はこんな感じ。

これからが楽しみなUSB-C


充電はUSB-Cです。Lightningからの変更が一番インパクトありましたね。購入に踏み切った決め手の一つ。

拡張性が格段に上がったのでは?

どこまでこのUSB-Cポートを活かせるのか、そして活かすアクセサリが登場するのかが楽しみです。

【充電・HDMIも】完全無欠のSatechi USB-Cマルチハブが進化しました!MacBookにぴったり - 理系男子のぐうの音」で紹介しているようなハブがMacBook ProだけでなくiPad Proでも必須になってきますね。


ちなみに充電器側もUSB-Cになっています。

角張った形状に

また側面がラウンドな形状から角張った形状に変わりました。iPadは裸で使っていたので全く別物に感じます。
「新しいものを買った!」という新鮮な感じが今はいいです。

ただ裸族としてはエッジから傷がついてしまうので、気をつけようと思います。

メリットとしては、画面に対して垂直に音量やスリープボタンが付いているので押しやすくなりました。

  • 四角くなったことのメリット
    音量やスリープボタンが押しやすい
  • 四角くなったことのデメリット
    エッジから塗装ハゲなど、傷がついていく?

持ち安さはあまり変わらない気がする。

Smart Keyboard Folio購入は見送り


これがSmart Keyboard Folioの通信端子ですかね。買ってないですけど、高いから。

Smart Keyboard FolioかうならHHKB Pro BT買い足します。
関連記事:HHKBのためだけのケース・トランスポーターTR-HHKをご紹介。そのままタブレットスタンドにもなるぞ - 理系男子のぐうの音

本当に「HHKBのためだけのケース・トランスポーターTR-HHKをご紹介。そのままタブレットスタンドにもなるぞ - 理系男子のぐうの音」で紹介しているTR-HHKがあれば完成なんですよ。出先でこれ以上の環境はないと思う。

Smart Keyboard Folioの半額くらいで手に入るMagic Keyboard 2もかなり使い勝手いいのでおすすめです。
関連記事:【レビュー】iPadで使うためにMagic keyboard購入!これは最早ラップトップ!? - 理系男子のぐうの音

カメラの出っ張りが気になる


カメラの出っ張りが気になります。やだなあ。

私もレンズ交換式カメラ持ってますんで、いい写真を撮ろうと思ったらレンズが大きくなることは重々承知しています。

でも私はiPad Proでは写真撮らないので。
って言ってはみたものの、iPad Proはファインダーとしては最高なんですよね。カメラとしての需要もきっとあるんでしょう。特に11インチは。

ケース着用前提ってことかしら。裸族なんだけどな。

iPad ProはMacBook Proとは異なるスペースグレイ


MacBook Pro 2017(左)のほうが薄いです。

スペースグレイだけでなく、Appleのゴールドも品のいいピンクゴールドだったり、「まさに金」な金色だったりモデルによって様々ですよね。

色を統一させるよりも、純粋に好きな色を選びましょう。

アルミの触り心地は同じです。

もちろんApple Pencil(第2世代)も購入


Apple Pencilが第2世代になり、大きく進化したのがもう一つの購入に踏み切った決め手。

充電する姿の間抜けさから、第1世代のApple PencilとMagic Mouse 2だけは欲しいと思えませんでした。普通に使い勝手もよくなさそうなので。

Apple Pencil(第2世代)に変わって「待った甲斐があった」、そう思いました。


コロコロ転がらなくなりましたし、持ちやすくもなりました。やっと欲しいと思えるApple Pencilになりました。

Apple Pencil(第1世代)に1万円は高いと思ってましたが、Apple Pencil(第2世代)なら1.5万円も喜んで支払います。


充電方法、ペアリングもスマート。マグネットで本体にくっつけるだけです。

きっと当ブログも手書きの解説図が増えることでしょう(?)

今日のぐうの音

発売には間に合いませんでしたが、やっと購入しました。これからもっと使い込んで、詳細レビューをしていきます。

とりあえず、11インチiPad ProとiPad Air 2との比較記事を近日公開予定です。どうぞお楽しみに。

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved