当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

カメラ

コンデジの片手撮影が捗る!社外品のグリップは買って損なしのアイテム

こんにちは、コンデジユーザーるびこです。

私の愛用するコンデジ・Canon PowerShot G7Xはフルサイズ一眼も併用する私から見てもとってもいいカメラです。

ただし、ホールド力を除いて

シンプルなつるぺたボディのおかげて、引っ掛かりがないんです。そこで、社外品のグリップをつけたらとってもよかったので紹介します。

カメラの持ちやすさは写真の出来に直結する

カメラをしっかりホールドできたほうが当然ブレにくく、より良い写真が撮れます。 また、コンデジはその性質上片手撮影も多くなりがちです。軽いですからね。
そんな時も持ちやすいカメラに越したことはないのです。

被写体ブレはどうしようもありませんが。

HAKUBA フリップバッグ カメラ グリップ G3

カメラの関連商品に定評のあるHAKUBAの商品です。

Amazonでは記事執筆時点で225件のレビューがあり★4.5という安心感。でも★5の中には拙い日本語のレビューも散見されます。あまり★の数は鵜呑みにしないほうがい今もしれませんね。
大きさが4種類あります。G1〜G4というラインナップで、数字が大きい方が大きいカメラ向けです。Canon PowerShot G7Xユーザーの私はG3を購入しました。


安っぽい外装。まあ実際安いです。もっと早く買っておけばよかったと悔やむことになるとは。


安心の3Mの両面テープです。すでにグリップ側には貼り付けてあります。あとは剥離紙を剥がしてカメラに貼るだけ。

見た目重視の位置に貼り付ける

本来指が掛かる位置に貼り付けるのが、もっとも効果を発揮できます。ただ、Amazonの商品紹介写真の使用例がそこはかとなくダサいんですよね。
なんかグリップだけが浮いたような。

私の中ではカメラの見た目は重要なファクターで、機能と外観のバランスをなんとか取りたいところ。
そんなわけで、なるべく端に寄せて貼り付けることにしました。

▼こちらがグリップ貼付け前のCanon PowerShot G7Xです。

カメラのエッジは丸みを帯びていますが、グリップの貼付け面は平面です。カーブに差し掛かってしまうと粘着力が落ちてしまうので、見た目ギリギリ平面のところを狙いました。
その結果がこちら▼

いかがでしょうか?

思ったよりダサくならない

と個人的には思っております。

グリップのシボ感もボディの水滴状の表面処理とそこそこマッチしています。なんか造形も複雑になって見た目だけ上位機種になった気もしないでもない。
ただやっぱり上からの照明だと、シリコンと金属の反射率が違うので少し目立ってしまいますね。

じゃあ光源の位置を変えるともっとカッコよく見える?

んんー、あんまり変わらないか。

持ちやすさは抜群!

PowerShot G7Xは裏側にも親指を引っ掛けるパーツが標準でついています。これと今回貼り付けたグリップのおかげでホールド力は劇的に向上しました。片手撮影の不安が払拭された感じ。

実際に写真の歩留まりが上がっている体感はあります(特に片手撮影)し、何より指の収まりが良くなりました。
指の収まりと言うのは、指が自然とあるべき場所にゆく、という意味で使いました。つまり、

カメラを構えた後でシャッターなどのボタンや各種ダイヤルを探すのが圧倒的に早くなったんです。

見なくても自然とボタンの位置に指がきます。これは思わぬ収穫でした。

縦位置の撮影をよく使うようになった

片手だけでしっかり持てるようになったので、自然と縦で使うことも増えました。

当たり前ですけど、カメラってどうしても横で使うよう設計されています。だから横での撮影ばかりになってしまうのは自然なこと。
でも、縦撮影のハードル(?)がぐっと下がったので積極的に縦でも撮影するようになりました。

今日のぐうの音

スマホとコンデジの併用だとなかなか気づきませんが、一眼も使うとその持ちやすさに驚きます。
その持ちやすさに少しでも近づかないかと購入したHAKUBAのグリップですが、結果的に大正解でした。外観も許容範囲内でしたし。

あと気になるのは、剥がしたい時にキレイに剥がせるかどうかですね。
コンデジを使っている方は感動するアイテムなので使ってみてください。

ちなみに、後期型のPowerShot G7X Mark IIははじめからグリップとなる凸部があります笑

▲このPowerShotシリーズ、やすい一眼レフなら買えちゃう価格です。
わざわざ誰が買うんだろう・・・(私です)

そんなコンデジの魅力をまとめた記事▼
www.gu-none.com

コンデジとこの三脚をバックに入れていれば事足りることがほとんど。
www.gu-none.com

社会人の身だしなみの格上げをしてくれるアイテム

Aldenの革靴

革靴といえばAlden。一度は履いてみてもらいたい一足。グッドイヤーウェルト製法でソールの交換も可能。長く履くことができます。

革靴はスーツと違って流行があるわけではありませんし、品質の差がわかりやすいので、背伸びしてでも高級品を買って長く履くのが結局コスパいいと思ってます。

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】こんにちは、26歳サラリーマン るびこ です。 入社時に3万円のREGALの革靴を、清水の舞台から飛び下りる思いで購入したのを今でも覚...

Knotの自動巻き機械式腕時計AT-38

Knot AT-38電波時計でもなければソーラ充電でもない。なんならクォーツですらないという機械式腕時計。

手間のかかるモノですがそこがまたいい。魅力はレビュー記事に詳しく書いています。

27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】

楽天から購入できます▼

Knot AT-38
27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】ついに機械式腕時計を使う喜びを知ってしまいました。 日本製にこだわることに定評のある腕時計メーカー・Knot。 どんな服装にも...

万双のコードバン長財布

コードバンとは馬のお尻の革のこと。「キング オブ レザー」とも呼ばれる強靭さ・希少価値ともに高い革です。

3年くらい使用していますが、シワひとつできないその強さに僕自身が驚いています。

エイジング記録をまとめています> 【連載企画】革のエイジング

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です