当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

ガジェット

あの机が広く使えるデスクライトが進化!BenQ Screen Bar Plusレビュー

BenQ Screen Bar Plus

ライティングに定評のあるBenQから画期的な商品「Screen Bar」が登場したのが約1年半前。棒状のライトをPCモニターの上に設置するタイプのデスクライトです。

当サイトでは発売前にレビューさせていただきました。

【その発想はなかった】BenQのモニター掛け式ライトScreenBar e-Reading Lampをレビュー!机を広く使えるぞ

その時点でかなり完成度の高い商品でしたが、今回さらにアップデートしました。このことをBenQさんから聞いたときは「これ以上進化するところがあるんだろうか・・・」と本気で思いました。

実際使ってみると、これはかゆいところに手を届かせてきたな、という感じ。いいところはそのままに、しかし着実にアップデートしていました。

系男子によるコスパ算出

大手メーカー勤務の筆者が、その経験をもとに製品の本当のコストパフォーマンスを評価するコーナー

価格の手頃感
生活への影響度
長く使えるか
スペックに現れない価値
所有する高揚感

総合コスパ:

光量や色温度を自動調整できる高性能デスクライトでは高コスパ
同じコスパ評価の製品一覧

「価格の手頃感」、「生活への影響度」が高ければ高いほどコスパも高くなり、逆に「スペックに現れない価値」が高くなるとコスパは低くなります。なお「所有する高揚感」はコスパ算出の対象外。

サンプルをBenQ様より提供していただきました。

BenQ Screen Bar Plusを使ってみたらこんな感じ!

BenQ Screen Bar Plus

実際に使ってみた感じ。僕の作業環境です。

デスクライトのスタンドやアームがないので、体感では写真以上にスッキリしていると感じます。キーボードを使用している最中、急に背伸びするとき、何も邪魔するものがないって最高!

光量も十分だし、光がモニターに反射しないんですよね。これが素敵。

モニターには反射させず、手元だけを照らす機構

デスクにモニターを設置しているなら、無条件でおすすめできるアイテムです。

BenQ Screen Bar Plusの細部をチェック

開封からScreen Bar Plusの細部まで確認していきましょう。

BenQ Screen Bar Plus BenQ Screen Bar Plus

梱包は前モデルのほうが高級感があってよかったなあ。今回は可もなく不可もなくな感じ。

BenQ Screen Bar Plus

中身は実にシンプル。ライトとモニターに固定する道具、コントローラーですね。電源はUSBからとるので、ACアダプタみたいなかさばるものもなくスッキリ。

そして右の卓上コントローラ(デスクトップダイヤル)が新しい!

BenQ Screen Bar Plus

組み立ててみました。この機構でモニターをがっしりホールドするわけ。よくできています。安定感は抜群。

BenQ Screen Bar Plus

このシリコンが摩擦係数を上げて、安定感に貢献しているわけですね。

安い前モデルと最新モデル、どっちのScreen Barを買うべき?

ここで前モデルであるScreen Barと比較してみます。前モデルのほうが若干安いので、前モデルで十分な人、最新モデルを買うべき人を説明します。

BenQ Screen Bar Plus上が最新モデル、下が前モデル

筐体の色が青っぽくなりましたね。どちらも高級感があってクール。

デスクトップダイヤルの有無が最大の違いですね。

BenQ Screen Bar Plus

ライト部分だけ比べてみると、前モデルには測光センサやコントローラがあります。

最新モデルのScreen Bar Plusではその機能をデスクトップダイヤルに移管しているので、つるっとしています。

デスクトップダイヤルの意外な2つのメリット

BenQ Screen Bar Plus

もちろん前作のライトの上のタッチセンサーでも問題なく操作はできるんですが、つかってみるとデスクトップダイヤルに圧倒的なアドバンテージがありました。

  1. ホコリが溜まりやすいディスプレイの丈夫に触れる必要がない
  2. 自動調光のための測光が卓上なので、実際の使用環境に近い
  3. タッチセンサー連打よりもダイヤルくるくるの方が操作しやすい
BenQ Screen Bar Plus前モデルのコントローラ部

意外とここにホコリが溜まりやすいんですよ。電源を入れるたびに触れることになります。こまめに掃除しろって言われればその通りなんですけれど。

BenQ Screen Bar Plus

デスクトップダイヤルに測光センサーがついているので、机上の光環境を反映して自動調光してくれるわけです。自動調光の精度は格段に向上したと感じます。

まとめると、

  • モニターの上などをこまめに掃除しない人
  • 光量や色温度を調整したい人

こんな人は迷わず最新モデルのScreen Bar PlusでOK!

Screen Bar Plusの類似製品に注意!

Amazonでは類似製品が多く出品されています。全モデルであるScreen Barがよほど人気だったのでしょう。

Screen Barにインスパイアされただけならまだいいのですが、Screen Barで使用しているイラストをほぼそのまま転用しており、悪質です。

価格は偽物のほうが安いですが、高品質なBenQ製をおすすめします。

「BenQ Storeが販売」 の文言があれば、本物。

今日のぐうの音

もともと優秀だったけれど、更に便利になったScreen Bar Plus。普通のデスクライトと異なるのが

  • モニターの上に設置する新しいデスクライト
  • 電源はUSBからなのでコンセントを塞がない
  • スタンドやアームがないので机が広く使える

そして明るさはもちろん、色温度も変えられる(青っぽくしたり赤っぽくしたりできる)のでデスクライトとしても普通に優秀。自動で光を調節までしてくれる。

もし部屋の蛍光灯だけで作業しているなら、この機会にScreen Bar Plusの導入を検討してみてはいかが?

理系男子のぐうの音管理人の作業環境紹介

ラップトップ:13インチMacBook Pro

レビュー記事

キーボード:HHKB Professional BT

レビュー記事

マウス:Logicool MX ERGO

レビュー記事

モニター:BenQ EW3270U

レビュー記事

ヘッドフォン:SONY WH-1000XM3

レビュー記事

スピーカー:Bose SoundLink Resolve

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker
BOSE(ボーズ)

レビュー記事

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です