当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

社会人の私服

高機能Tシャツ「O5PRO Cooling T」レビュー|高温多湿な台湾生まれ快適性抜群のTシャツ

2021年7月19日、東京では例年より短い梅雨が明けた。途端に急に暑くなって、狼狽えたのは僕だけではないはず。こまめな水分補給など能動的にアクションすることは大前提として、なるべくテクノロジーに頼って受動的に暑さを凌げればなお良いと僕は考えている。

厳しい夏を少しでも快適にすごすための高機能Tシャツ・O5PRO Cooling Tを提供していただいたので紹介したい。現在Makuakeで応援購入を受け付けており、記事執筆時点ですでに目標金額の14倍を集めている。

前代未聞のヒンヤリ感キープ!機能性Tシャツ「O5PRO Cooling T」

どんなアイテムなの?

O5PRO Cooling Tは台湾のO5PROというメーカーが手がける。O5PROという名前を聞いたことのある方もいるかもしれない。実は昨年当ブログでも同社のポロシャツ・O5PRO POLOを紹介している。

O5PRO POLOは機能素材を使用したポロシャツで、クラファンサイトMakuakeでも大きな反響があった。今年はさらにカジュアルなTシャツを企画したようだ。

結論:来た瞬間ひんやり!高機能Tシャツ

気に入ったポイント

  • 夏を快適に過ごせる機能性
  • ワンマイルウェアにぴったりなシンプルデザイン

いまいちなポイント

  • 化学繊維を感じる着心地
  • 到着が8月末と遅い

O5PRO Cooling Tの外観を紹介

表面と裏地には別の素材があてられている。かといって2枚の生地を合わせているわけではなく、織り方を工夫しているようだ。裏地には機能を付与するために酸化チタンや銀繊維が配合されている。

表面はガサガサした感じ。「ふんわり柔らか」だとか「シルクのような滑らかさ」とは異なることも購入前に知っておきたい。カジュアルに着るTシャツとしては全く悪くないと思う。

ハンガーにかけてみた。縫い目がやや目立つものの、ごくごくシンプルなデザイン。サイズ感はややぴったりめのように感じた。僕の手元にあるのはMENのLサイズだが、例えばユニクロで言うところのMサイズ相当と言えばイメージしやすいだろうか。

流行のオーバーサイズで着たい場合は大胆なサイズアップをおすすめする。Makuakeのプロジェクトページにサイズ表が掲載されているいので、お手持ちのTシャツのサイズと比較してイメージして欲しい。

首元にボタンのついたヘンリーネックモデルもラインナップされている。白以外だとボタンの色が浮いてしまうので、個人的にはクルーネックをオススメしたい。

夏を乗り切るのに心強い機能性

明らかにほかのTシャツと異なるのが、着た瞬間のひんやりとした感触。裏地に熱伝導率が高い素材が裏地に使用されているようだ。これだけでワードローブの中からO5PRO Cooling Tを手に取りたくなる。

汗をかいた時もO5PRO Cooling Tなら安心だ。即座に汗を吸収してくれて不快に感じにくい。ちょっと汗ばむ程度なら身体はドライに保たれる。大量に汗をかけば流石にドライなまま、とはいかないものの、汗で体にぴたりとTシャツが貼り付くことがない。だからさっと脱いでタオルで汗を拭くことも容易だ。

汗ジミができにくいのもポイントが高い。ほかのTシャツなら背中に大きな汗ジミができてしまう場面でも、O5PRO Cooling Tなら汗ジミが発生しない。先程の汗をよく吸うというレビューと矛盾するように感じるかもしれない。裏地はよく汗を吸うが、それを表面まで浸透させない工夫が施されているのだろう。

この辺は日本より高温多湿な台湾で作られているだけある。僕の期待通りの高機能だった。

届くのが8月末なのは非常に残念

気に入ったポイントでは生地の素晴らしさを解いたが、いまいちなポイントもまた生地にある。

ひとつめは着心地。これは好き嫌いが分かれるところだが、化学繊維っぽさが拭えない。というか実際に化学繊維なんだけれど。

ただし注意して欲しいのが、スポーツウエアによくあるサラリとした風合いとはまた違った着心地なのだ。どちらかというと綿を再現したような、だけれど化学繊維っぽさが残っているような。だから「化学繊維っぽさが拭えない」と表現したのだ。

ベースは綿っぽい。けれどチクチクとまではいかないものの僅かな抵抗を感じる。洗濯してもそれは変わらない。気にならない人は全く気にならない程度だとは思う。

そしてもう一点残念な点がある。それは商品の到着が8月末ということだ。近年の日本は9月でも暑いのは確かなんだけれど、できれば梅雨明けにはあなたの手元に届いてほしかった。先行レビューする側としては、暑い時期にO5PRO Cooling Tが本領発揮した状態の感想をお届けできるので都合はいいんだけれど・・・。

まあ秋でもスポーツする時やインナーとして使う時に快適さを提供してくれるので活用できる時間は十分ある。

どんなシーンで使える?

私が使用する用途は以下

  • 炎天下のスーパーへの買い出し
  • フィットネスバイクなどのエクササイズのとき
  • 家でのリラックスの時間
  • 在宅勤務のとき

デザインにパラメータを振っている服ではないため、市街地に出かけるときに着用しようとはちょっと思わない。あくまでファッションブログを運営している筆者の主観ではあるが。しかしコロナ禍

逆に言えば、それ以外のシーンではいつ着ても快適だ。暑かろうと涼しかろうと、家にいる時、近所に買い物に行く時など着用シーンは非常に広い。

タグなど邪魔なものもないので、着古したらパジャマとして長く愛用できそうだ。

今日のぐうの音

すごく簡単にまとめると、高機能TシャツO5PRO Cooling Tの特徴は以下。

  • 着るとひんやり、汗ジミもできにくい!
  • 着心地は化学繊維っぽさが残り、好みが分かれる

昨年のポロシャツ「O5PRO POLO」とはまた違ったアプローチで、O5PROの技術力の高さを垣間見た。(到着の時期的に)残暑を快適に過ごす強力な味方となってくれるO5PRO Cooling T。気になった方はMakuakeのプロジェクトページをチェックしてみてほしい。

前代未聞のヒンヤリ感キープ!機能性Tシャツ「O5PRO Cooling T」

「デニムのエイジング」を連載しています

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

RELATED POST
社会人の私服

【デニムを育てる】A.P.C.プチニュースタンダードを着用1年で初洗濯!自分で糊落とししてみた

2018年4月11日
理系ダンディのぐうの音
こんにちは、るびこです。 長かった。 洗濯したい気持ちを我慢して1年。やっとA.P.C. プチニュースタンダードを洗濯しました。 記録として …
社会人の私服

私の溺愛デニム・A.P.C.プチニュースタンダード|真夏は穿きたいのに穿けないジレンマ。洗濯したいけどしたくない二律背反。

2017年8月9日
理系ダンディのぐうの音
こんにちは、デニムを愛する るびこ です。 生デニムの状態で購入しこれまで半年間、順調にエイジングしてきた私のA.P.C.プチニュースタンダ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です