当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

社会人の私服

高機能ポロシャツ「O5PRO POLO」レビュー|防水機能の実力はいかに!?

高機能素材と言えばアウトドア系のアウター、そう思っていた時期が僕にもありました。なんと、ポロシャツにも高機能素材がやってきた。それがO5PRO POLOだ。

もちろんTシャツにも

  • 接触冷感
  • 給水速乾

のような夏にうってつけの素材はある。はじめに「レビューしてみませんか?」と話をもらった時は、その手の素材だろうと思っていたのだが、PR動画を見たら考えが変わった。

O5PRO POLOはそれらの一般的な機能に加えて、防水も付与されているのだ。興味半分と、怖いもの見たさが残り半分でレビューを受けることにした。

結論としては

  • 綿の着心地は極上で、機能素材を感じさせない
  • 速乾性、涼感機能は申し分ない
  • 防水・・・というよりかは撥水かなあ(確かに水濡れには強い)
  • 白いボタンが残念

と言った感じ。お洒落着として使用できるかはそれぞれの好みにはなるが、スポーツ用途や室内着としては圧倒的ベストチョイスと断言できる

詳細はMakuakeのプロジェクトページを参照して欲しい>高温多湿でも快適!本気でひんやりサラサラ!グラフェン製上質なポロシャツO5PRO

本記事はメーカー様からの商品提供により書かれています。

一見普通のポロシャツなO5PRO POLO

O5PRO POLOは台湾発の高機能ポロシャツだ。高機能の秘密はグラフェンという素材。簡単に言えば鉛筆の芯をうすーく剥いだ素材で、電子デバイスでの応用が盛ん。繊維分野でも使われているのは初めて知った。確かに熱伝導率の高さから、涼感を得るには持ってこいだ。

もちろん、鉛筆の芯みたいに触れたら黒くなることはないので安心して欲しい。

O5PRO POLO

O5PRO POLOはこんな感じ。いい意味で「意外と普通」というのがファーストインプレッションだった。ポロシャツだからといって鹿の子ではなく、わずかに艶を感じる滑らかな生地だ。

糸も生地と同色で下手に主張せずにいい感じ。

非常に軽く柔らかいが、表地・裏地と2層構造になっているため透ける心配もないのでバランスがいい。

O5PRO POLO

デザインは及第点

まずはよくない点から言及していく。ボタンだ。

O5PRO POLO

白いボタンが子供っぽい。せめて生地と同色のボタンか、小さいボタンを使う、もしくは比翼仕立てにしくれれば。それだけで印象は大きく違うのに。

生地と同色だとコストが嵩むので、妥協点としてはグレーのボタン。

引用:makuake.com/project/o5pro_polo/

ダークトーンのカラー展開なのだから、生地の色と乖離の小さいグレーのボタンにしてくれればオススメ度はかなり高かった。一気に大人っぽくできるので。

ちなみにサイズ感はあくまで一般的。ゆとりが多めにとられているわけでもなく、かと言ってタイトすぎることもない。ユニクロと同じような感覚で選んでもらえれば。

サイズ感はECでも選びやすい作りで、僕は交換を持っている。なお僕は169cm 55kgでMサイズだ。万が一サイズが合わなかった場合は1回まで無償でサイズ交換してくれるそう(返送の送料は支援者負担)。

速乾性は高く、着心地は良好

いい意味で薄手の生地でサラリとした軽い着心地。にもかかわらずダブルフェイスでいい感じ。

O5PRO POLO

表地は滑らかだが、裏地はメッシュのような感じになっている。このおかげで肌への貼りつきもなく、着心地は実に良好だ。この裏地が100%グラフェン繊維なんだとか。

素材感もいい。裏地は100%グラフェン、表地は綿20%にポリエステル80%だが、化学繊維をほとんど感じない。肌触りはほとんど綿のそれと言っていい。

これだけの機能を有しながら、独特の化学繊維感を排しているのには驚いた。

そして速乾性の高さは強く感じた。部屋干しでも夜に干せば翌日の朝にはサラリと乾いている。なんなら公称の通り、洗濯機で脱水した後なら2時間程度で着られるほど。

日本同様、いや日本以上に?高温多湿な台湾で考案された商品だけのことはある。

撥水性は過信は禁物

最後に目玉機能である防水について検証してみる。未洗濯のO5PRO POLOに水滴を垂らしてみた。普通の綿素材なら染み込んで黒いシミのようになってしまうはずだが、O5PRO POLOなら・・・

O5PRO POLO
確かに水を弾いている

表地に撥水性があり、小さいな水滴なら弾くことが可能。しかしある程度大きな液体の塊だと普通に濡れる。

動画みたくコーヒーをこぼしたりしたら、普通に濡れると思う(やってないけれど)。乾くのは早いし濡れシミも非常に目立ちにくいので、トータルダメージは小さくて済むだろうけれど。

確かに一般的な綿やポリエステルよりは撥水効果は高い。ただしこれを「防水」と呼んで期待するのは避けた方が無難かも。繰り返しになるが、撥水効果は高い機能素材であることは間違いない。ポロシャツ単体でここまで水を弾いてくれれば個人的には満足だ。

今日のぐうの音

O5PRO POLO
こんな感じのエコな包装で届いた

お洒落着としては正直今ひとつ、部屋着としては最強クラス。

基本的な性能が高いことは間違いないので、部屋着としては最強。顔を洗うときに少し水しぶきがかかっても問題ないし、朝に洗えば夜には乾いている。大きいボタンもここではメリットでしかなくて、寝るときに平たく大きなボタンは邪魔になりにくい。そして眠りまなこでも着脱が簡単だ。

適度なフォーマル感もあるので、テレワークにもちょうどいいんじゃないかな。

僕はというと、休日に自宅でゆっくりと時間を過ごすウェアとしてO5PRO POLOに活躍してもらっている。何より着心地は抜群でリラックスできるし、エアコンの設定温度を多少高めにしても気にならない快適性だ。近所に買い物に行くにも申し分ないデザインだし、もはや文句のつけようがない。

まとめると・・・

  • グラフェンの繊維を体感してみたい!(僕)
  • 高機能素材で夏を乗り切りたい!
  • Web会議で使えるビジネスカジュアルな快適ウェアが欲しい

どれかに該当するなら、支援して損はない。万が一サイズが合わなくても1度なら交換してもらえるし、デザインが気に入らなくてもスポーツウェアや部屋着としては申し分ない便利なポロシャツだ。

この記事では紹介しきれなかった機能もまだまだあるので、詳細はMakuakeのプロジェクトページをチェックしてみて欲しい。

高温多湿でも快適!本気でひんやりサラサラ!グラフェン製上質なポロシャツO5PRO

「デニムのエイジング」を連載しています

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。