当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

社会人の私服

【2019年ベストバイ】買ってよかったファッションアイテム8選

ガジェットブログの方では既に2019年買ってよかったもの記事を公開しました。同様にファッション関連のアイテムについても今年の買い物をまとめてみます。

私は入社4年目のサラリーマンのため

  • カジュアルウエア
  • ビジネスアイテム

の2本立てで紹介していきます。最後に化粧品についてもお話しします。化粧品に関しては、わりと革命的なアイテムに出会った年でした。

カジュアルウエア

まずはカジュアルウエアから紹介します。週末だけしか着ない社会人のカジュアルウエアこそ、お気に入りを選びたいですよね。

僕はほぼ私服通勤ですが。

ユニクロ EZYアンクルパンツ

ユニクロEZYアンクルパンツ

これは何度も名作と言い続けている逸品です。いくつか種類がありますがウールライクがベスト。「EZYアンクルパンツはユニクロ往年の名作である3つの理由」という記事で褒めちぎっています。

シルエットがシュッとしていて洗練されているのに、ゴムで楽に穿ける。ウールライクで大人っぽいのに、洗濯機でガシガシ洗って大丈夫。そしてユニクロなので安い。まさに非の打ちどころがありません。

大人っぽくまとめたい時も、休日ふらっとコンビニに行く時にも使える、まさに万能ボトムス。

ユニクロ公式ストア

EZYアンクルパンツ
EZYアンクルパンツはユニクロ往年の名作である3つの理由突然ですがあなたのワードローブにスラックスってありますか? 「なんかスーツっぽいし・・・」ってスラックスを避けているなら非常にもったいな...

ユニクロU タートルネックTシャツ

ユニクロUタートルネックTシャツシワシワですみません

ユニクロUからはタートルネックをチョイス。

色展開が素晴らしく、ハズレがない。そしてしっかりした生地でありながら、ツヤもあって高級感も申し分なし。ジャストはSサイズですが、Lサイズを購入しました。

まるでハイゲージのタートルネックニットを着ているかのように大人っぽいコーディネートを組むことが可能です。ジャケットのインナーとかね。買ってよかったです。

ユニクロ公式ストア

UNITED TOKYO NEOTWEEDのセットアップ

UNITED TOKYOでセットアップを購入してみました。ユニクロと比べてしまうと高価にはなりますが、品質やデザインを考えれば十分納得感のある価格。

コーデュロイのように凹凸の大きな立体感のある生地で、その点ではカジュアルな感じ、サイズも緩めだし。しかしセットアップというデザインでうまくバランスをとっています。

ツヤがあり過ぎたり、細すぎるセットアップはきまり過ぎてしまうので普段着では使いづらかったりします。でもこのバランスの良さが滅茶苦茶使いやすくしてくれています。

このうまい具合をこの価格で実現できているのはさすがUNITED TOKYOといったところ。かなりお気に入り。

UNITED TOKYOの商品ページ

ALDENタッセルローファー

alden 99170 タッセルローファー

今年も去年に引き続きALDENを一足買い足しました。ペニーローファーっぽいのにタッセルがついているデザイン。レビュー記事はこちら「【ALDEN 99170】27歳。コードバンのローファーを買いました。きついサイズを足に馴染ませていきます

はじめは滅茶苦茶キツくて、靴擦れはもちろん、足の血が止まっているのを感じたり苦痛の日々でした。でも今ではすっかり僕の足に馴染んでくれました。

こうなってくると履くのも、歩くのも気持ちいんですよね。2万歩とか歩いても全然苦になりません。もはや体の一部みたいな。革底なのでより一層そう思えるのかもしれません。

雨の日は履けなかったり、コードバン用にクリームやワックスを買い足したりと手がかかりますがそれも楽しみの一つ。

ソールの交換をしながら長く履いていきたいです。

UNITED ARROWS商品ページ

alden 99170 タッセルローファー
【ALDEN 99170】27歳。コードバンのローファーを買いました。きついサイズを足に馴染ませていきます人生で最も高価な靴の買い物でした。 アメリカの革靴ブランド「ALDEN」のコードバンの革靴を購入しました。とってもかっこいいのでぜひ見て...

ビジネスグッズ

次にビジネスグッズも紹介します。社会人としてふさわしいもの、長く使えるものを選んだつもりです。

Knot機械式腕時計

Knot AT-38Knot AT-38

今年初めて機械式腕時計を購入してみました。機械式腕時計は実用品はなく趣味のモノだと思ってました。実際に使ってみると機械式腕時計は完全に嗜好品ですね。

しょっちゅう止まるのでその度に時刻合わせしたり、磁気や衝撃に気を遣ったり。不便なところは数えはじめたらキリがありません。革靴の話でお気づきかもしれませんが、そういうの好きなんですよね、僕。

Knotは比較的新しいブランドでカスタムオーダーの腕時計を販売しています。

サファイヤガラスを使用していたりと品質はかなり高いですが、ムーブメントはミヨタだったり(機械式腕時計のなかでは)嗜好性は高くないかもしれません。その代わりかなりお求めやすい価格に設定されています。

詳しいレビューは「27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】」という記事で。

「まずは機械式腕時計がどんなもんか使ってみたい」という僕のような方にはピッタリ。カスタムオーダーなのでベルトは金属や革から選ぶことができますし、飽きたら後から買い足すことも可能なので。

Knot AT-38
27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】ついに機械式腕時計を使う喜びを知ってしまいました。 日本製にこだわることに定評のある腕時計メーカー・Knot。 どんな服装にも合わせ...

万双ブライドル天ファスナー

万双ブライドルレザー天ファスナー

就活の時に買ったナイロンのビジネスバッグが消耗してきたので新調しました。僕の偏愛する万双です。レビュー記事>「万双ブライドルレザーのビジネスバッグ購入!ブラッシングが楽しすぎる

万双は上野にある革小物のお店で、百貨店には一切卸していません。ネットか上野と神戸にある直営店でしか購入できません。その分マージンが乗っていないためかなりお手頃価格なのが魅力です。トレードオフ的に生産数を絞っているので欲しい時に欲しいものが買えないというデメリットが発生しますが。

僕は万双のコードバン長財布コードバン名刺入れも愛用しています。

じゃあカバンもコードバンにしろよと言いたいところですが、カバンみたいな大きさになると価格がアホみたいに上がりますし、雨に弱くなってしまうため断念。

コードバンと並んで高級素材として有名なブライドルレザーを選びました。

購入当初はブルームというロウとオイルが浮き出ているので、ブラッシングして取り除いてから使いはじめました。革の表情が変わっていくさまを目の前で楽しめるのは贅沢ですね。

万双 ブライドル天ファスナー

万双ブライドルレザー天ファスナー
万双ブライドルレザーのビジネスバッグ購入!ブラッシングが楽しすぎる社会人の必須アイテム、ビジネスバッグ。 最近はスーツにリュックなども認められてきていますが、出張時や冠婚葬祭など、きちんとしたカバンが必...

化粧品

最後に化粧品を紹介します。結局は顔ですよ。

UNOフェイスカラークリエイター

これは今年資生堂から新発売されたメンズ用のBBクリームです。メンズ用BBクリームは以前から気になってはいたものの、どれを買っていいか難しかったんです。余程化粧に関する知識があれば選べるんだと思うんですが。

でも資生堂がUNOブランドで販売してくれれば、僕らのような一般人でも買っていいのかなって思えますよね。UNOならこなれた価格で出してきますし。

そんなわけで僕も買ってみたのですが、なかなかよかった。日焼け止めと肌の補正が一度にできてしまうんです、大事な日の強い味方。その感動をレビューした記事「男性用BBクリームがUNOから発売!日焼け止めしつつヒゲやニキビを隠そう【口コミ】

仕上がりも自然な感じで全く化粧しているようには見えません。でもなんとなくクマとかを隠してくれる。まあ、悪く言えばカバー力は弱めってことですが、それで十分でしょう、男なら。

男性用BBクリームがUNOから発売!日焼け止めしつつヒゲやニキビを隠そう【口コミ】男性諸君、当然日焼け止めは使っていますね?今や男でも 化粧水 乳液 日焼け止め この3つは必須です。若いうちから肌に気をつける...

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+

ミルボン エマルジョン

洗い流さないトリートメントです。風呂上りに毛先に馴染ませてからドライヤーをしています。すると、まとまりが全く違います。あなたもクラスのマドンナのような髪質に。使用時は以下のことに気をつけています。

  1. 頭皮にはつけないように
  2. 手でなじませた後、櫛を通して均一に
  3. ドライの仕上げは冷風で締める

本当に髪がお利口さんになって、生え癖も少しはマシに見える気もします。

今日のぐうの音

ジャンルに問わずファッション関連のアイテムを8つ紹介しました。ブログを開始した2016年と比較してかなり嗜好が変わってきたと感じます。当時は機械式腕時計とか革底の靴を履くなんて思ってなかったですから。

一方で化粧品の類は様々なものを試して、かなり洗練されてきたと感じます。

「デニムのエイジング」を連載しています

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です