当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

カメラ

CP+2019で僕が気になったモノ5つ。

行ってきました、CP+2019。

パシフィコ横浜は今年も大賑わいでした。

1日かけてじっくり見てきたので、その中で当ブログ「理系男子のぐうの音」的に気になったモノを紹介します。

Instagramで既に所感は述べていたので、そのへんをまとめつつ。

SONYの新ファームウエアはまさに新体験

まずは飛ぶ鳥を落とす勢いのSONYブースから。
SONYの新ファームウエア、「リアルタイム瞳AF」を試してきました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るびこさん(@ruvico_gunone)がシェアした投稿

かつては「写真はレンズ」でした。撮像素子はフィルムだった頃ね。そして腕が物を言う時代。

でも今のSONYは「写真はカメラボディ」と言いたげ。シャッターボタン半押しで瞳にAFをあわせてくれます。そして被写体が動いても追いかけてくれる。AFに関しては腕は関係ないと言っていいくらい。

その分カメラマンは構図や露出など、他の要素に集中できるわけです。

僕がかつて使っていたSONY α7IIはAF-S(追従しないAF)でしか瞳AF使えなかったし、瞳AFの精度も今ひとつ。正直使えるものではありませんでした(僕はMFレンズばかり使っていたので特に不満はなかったけれど)。それももうすっかり過去なんですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るびこさん(@ruvico_gunone)がシェアした投稿

▲2人いても迷ったりしませんでした。中央に近い人の瞳を掴んで、半押しし続ければフレームアウトまで追いかける。奥の人にも簡単にフォーカスを合わせられます。

上の写真で使ったカメラはα9、レンズはSEL70200GMです。

SONY α7IIを1年使って“イマイチな点”&“悪評だけど気にならない点”を8つまとめてみるこんにちは、カメラ小僧るびこです。 SONYのフルサイズミラーレスカメラα7IIを使い始めて1年が経過しました(正確にはもう1年と3ヶ月...

Nikon D850で高画素機の魔力に魅せられる

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るびこさん(@ruvico_gunone)がシェアした投稿

▲これ。 Nikonの大三元、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで撮影してトリミングしてみました。

基本的に1800万画素あれば十分派だったんですが、高画素機で撮った写真をPCで等倍鑑賞するのはなんとも言えない感動がありますね。ここまで撮れているのか、と。

開けてはいけない扉にタッチしてしまった気がしました。

ZEISSにLEICAに・・・

ZEISS ZX1

フルサイズコンデジ、ZEISS ZX1が展示されていました。でかい!
Leica Qに真っ向からぶつけてきたこのカメラ、洗練されていて非常にかっこいい!

スポーツカーみたいですね。そしてでかい!(二度目)

Leica SL

Leicaが出展していたわけではないし、このLeica SLは別段新しいカメラでもないんですが、上記のZEISSと比較用に。
これからLeica、Panasonic、SIGMAがどのように協業していくのか楽しみです。

やっぱりドイツのものづくりってかっこいいねえ(小学生並みの感想)

標準レンズの帝王・Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZFレビュー。一度は手にしておきたい銘玉「標準レンズの帝王」、誰がそう呼んだのか。 なんと、調べてみたら自称だそうで。 購入後にそのエピソードを知ったのですが、使ってみたら...

FUJIFILMの中判カメラに怯える

フルサイズよりも更に大きい中判のイメージセンサーを積んだFUJIFILM GFX50S。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るびこさん(@ruvico_gunone)がシェアした投稿

こんな写真が撮れました。Instagramでは伝わらないと思うんです。いや、僕自身も凄さは実感しきれていません。これで風景とか撮影したらどんなになるんだろ。

こんなに重いのを持っていったら撮れた写真への思い入れも凄まじいことになりそう。

ちなみに僕は一歩も動かず、手持ちで数ショット撮っただけで息切れしました。だってこれだけでかいんだもの。

FUJIFILM GFX50SこれはCP+2019ではなく、FUJIFILM Imaging Plazaで撮影したものです

FUJIFILM XF16mmF2.8 R WRが欲しい

実は一番心揺さぶられたのはFUJIFILMの新しいレンズ。

XF16mmF2.8 R WRCP+ではなく、FUJIFILM Imaging Plazaで撮影したものです

このフード、かっこよくないですか?
FUJIFILMの花形フードはくちばしみたいであんまり好みじゃなかったんですが、このフードはVoigtlanderみたいな直線的なデザイン。

同じ焦点距離のXF16mmF1.4 R WRも持っているんですが、400 g弱もあるんです。半分くらいの重さのXF16mmF2.8 R WRの機動力は非常に魅力的でした。まず持ち出すことがそのレンズでいい写真を撮る最低の条件ですから。XF16mmF2.8 R WR欲しいなあ。

ちなみに発売前なので撮影データの持ち帰りはできませんでした。

XF16mmF2.8 R WR
【レビュー】フジノンレンズXF16mmF2.8 R WRを触ってみた!F1.4からの買い替えを検討してみるFUJIFILMの新しいコンパクトプライムシリーズのレンズ「XF16mmF2.8 R WR」が2019年3月20日に発売されます。予約は...

ちなみに僕が持っているXF16mmF1.4 R WRX-Pro2に装着するとこんな感じ▼

XF16mmF1.4 R WR

ちょうど1 kgくらい。首から下げるにはちょっと辛い。

他にもXマウントレンズたくさん試せて幸せ。モデルさんもありがとうございました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るびこさん(@ruvico_gunone)がシェアした投稿

今日のぐうの音

こんな感じで、いろいろ刺激的だったCP+2019。

XF16mmF2.8 R WRは何回も上のX-Pro2に装着した写真みて何回も悩んでいます。あれ?でも価格が中古のRICOH GRIIと同じくらいって気づいてしまった。

CP+では新作のGRIIIも展示してましたが、あまりの行列で触らなかったんですよ。興味はめちゃくちゃあったんですが。

話は逸れて着地点が見つかりませんが、現場からは以上です。

XF16mmF2.8 R WR
【レビュー】フジノンレンズXF16mmF2.8 R WRを触ってみた!F1.4からの買い替えを検討してみるFUJIFILMの新しいコンパクトプライムシリーズのレンズ「XF16mmF2.8 R WR」が2019年3月20日に発売されます。予約は...
2018年は単焦点にドはまり。ぐうの音管理人がこの一年で買ったレンズ・売ったレンズ総まとめ【SONY Eマウント】「理系男子のぐうの音」管理人の2018年のレンズ遍歴をここで振り返ってみようと思います。 2017年はズームレンズを中心に集めていまし...
社会人の身だしなみの格上げをしてくれるアイテム

Aldenの革靴

革靴といえばAlden。一度は履いてみてもらいたい一足。グッドイヤーウェルト製法でソールの交換も可能。長く履くことができます。

革靴はスーツと違って流行があるわけではありませんし、品質の差がわかりやすいので、背伸びしてでも高級品を買って長く履くのが結局コスパいいと思ってます。

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】こんにちは、26歳サラリーマン るびこ です。 入社時に3万円のREGALの革靴を、清水の舞台から飛び下りる思いで購入したのを今でも覚...

Knotの自動巻き機械式腕時計AT-38

Knot AT-38電波時計でもなければソーラ充電でもない。なんならクォーツですらないという機械式腕時計。

手間のかかるモノですがそこがまたいい。魅力はレビュー記事に詳しく書いています。

27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】

楽天から購入できます▼

Knot AT-38
27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】ついに機械式腕時計を使う喜びを知ってしまいました。 日本製にこだわることに定評のある腕時計メーカー・Knot。 どんな服装にも...

万双のコードバン長財布

コードバンとは馬のお尻の革のこと。「キング オブ レザー」とも呼ばれる強靭さ・希少価値ともに高い革です。

3年くらい使用していますが、シワひとつできないその強さに僕自身が驚いています。

エイジング記録をまとめています> 【連載企画】革のエイジング

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST
Eマウントレンズ

2018年は単焦点にドはまり。ぐうの音管理人がこの一年で買ったレンズ・売ったレンズ総まとめ【SONY Eマウント】

2019年1月1日
理系男子のぐうの音
「理系男子のぐうの音」管理人の2018年のレンズ遍歴をここで振り返ってみようと思います。 2017年はズームレンズを中心に集めていましたが …
Eマウントレンズ

Eマウント神レンズとの呼声高い広角ズームレンズ “SEL1635Z” を購入しました|使うと分かる広角の素晴らしさ

2017年12月2日
理系男子のぐうの音
レンズ沼からこんにちは、るびこです。 10万円超のレンズ、3本目を購入しました! まさかこんなにカメラに課金することになるとは・・・。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です