当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

Apple Watch

Apple Watch SEを3ヶ月で手放したたった一つの理由

はじめに話してしまう。今回の記事の教訓は「Apple Watchはあくまでアクセサリーで、ガジェット的な選び方だけでは不足」ということである。分かっていたつもりだったんだけれど、分かっているようで分かっていなかった。

そのせいでApple Watchを3ヶ月で手放した、というお話。

僕の(だった)Apple Watch SEの仕様

まずは僕がどんなApple Watchを購入したのか、から話そうと思う。詳しくは以前の記事でレビューしているので、購入理由などはそちらを参照してほしい。

  • Apple Watch SE
  • GPSモデル
  • 44mm
  • ゴールドアルミニウム

上記のスペックのものを2020年の末に購入し、3月の末に手放した。使用期間はちょうど3ヶ月となる。現在は僕の父親の腕に巻かれて、存分に活用されているようだ。

Apple Watch SEの性能には大満足

Apple Watch SE

大前提として、Apple Watch SEがエントリーモデルだから不満に感じたわけではない。むしろ必要十分な性能には満足していた。

結果的に今は上位モデルを使用しているが、「明日からApple Watch SEを使え」と言われても(あくまで機能面では)全く困らない。

  • アクティビティのトラッキング
  • 睡眠のトラッキング
  • スマート家電の操作
  • 電子決済

僕が必要としている機能はこのくらいだ。Apple Watch SEでも十分なことがわかると思う。僕がApple Watch SEを手放した理由はその外観にある。

44mmケース、ゴールドアルミニウムが僕には合わなかった

僕がApple Watch SEを手放した理由は44mmケースのゴールドアルミニウムを選択してしまったからだ。44mmというサイズについてと、ゴールドアルミニウムという素材についてという順で説明していく。

44mmは男性向けと安直に考えてしまった

Apple Watch SE

一般的な腕時計なら男性向けと女性向けに別れている。その常識をApple Watchに持ち込んでしまったのがそもそもの間違いだった。

僕は身長が169cmとやや小柄で、体格もどちらかといえば細身。

家ではiPadばかり使ってiPhoneは全く使わないので「画面は大き方がいい」信仰の僕。買う前は44mmしか眼中になくて、試着も44mmだけ試してOK!という感じだった。

購入当初は違和感なかったんだけれど、気づいたのは妻用の40mm Apple Watch SEを購入してから。なんかこっちの方がしっくりくるぞ、と。それに気づいてしまうと44mmは大きくて邪魔に感じてしまう不思議。取り回しのいい40mmがますます魅力的に見えてきた。

ゴールドアルミニウムは合うバンドがない!

冒頭でも話した通り、僕は潜在意識の中でApple Watchをガジェットとして捉えていたようだ。アルミニウムボディはAppleの象徴的なデザインで、他製品でたくさん実績があるので間違いないだろう、と考えていた。

それは客観的事実としては間違いないのだけれど、腕時計として自分に合うかは別の話。

そして僕の結婚指輪はピングゴールドなのでそれに合わせてApple Watchもゴールドを選んだ。色は決して悪くない。むしろ肌馴染みも良くいい塩梅のゴールドだと思う。

ここで一度考えて欲しい。非光沢の金属アクセサリーって馴染みがあるだろうか。あったとしてもいぶし銀くらいだと思う。

ところが僕のApple Watchはアルミニウムなので光沢がない。単体で見た時は特に思わなかったんだけれど、装着してみるとどうしても(あくまで僕の主観では)おもちゃ感が拭えない。ファーストインプレッションにも書いている通り、ゴールドアルミニウムを選んだことを少し後悔した。

そして手放す最後の決め手となったのが、バンドとの相性。Apple純正のバンドでは以下の2つを試した。

この2つとの組み合わせは割と気に入っていたが、それ以外では僕の気にいる組み合わせはなかった。これは購入前から予想はしていて、記事にもしていた。でも実際に使えば、意外と大丈夫なのでは?なんて楽観的に考えていた。

しかし僕の力量ではゴールドアルミニウムに適したバンドを見つけることは、ついにはできなかった。

> Apple Watch SEを買いたいけれど、純正バンドは痒いところに手が届かないので悩ましい

今日のぐうの音:Apple Watch Series 5 ステンレススチール40mmを買いました

Apple Watch

上記のような理由(一言で言うと選択ミス)で、Apple Watch SEからApple Watch Series 5に買い替えた。機能としてはCellar通信に対応し、常時表示と心電図もできるようになった。僕の場合ありがたみは一切ない。

でもステンレススチールは最高だ。

ステンレススチールはバンドを選ばない。バンドがどんな色でもケンカしないし、接続部がステンレスのバンドでも統一感が保たれるのが一番うれしい。スポーツ系のバンドならアルミニウムの方が合うけれど、ミラネーゼループやレザーのバンドとの相性はステンレスが抜群だ。

買い替えたデメリットは40mmと小さくしたのに少し重くなったのと、(常時表示のせいで)電池持ちが悪くなったくらい。

Apple Watchをアクセサリーとして買うならステンレススチールがおすすめだ。アルミニウムならスペースグレイがやっぱり無難だったと今振り返ると思う。Apple Watchの購入を検討している男性諸君の参考になればうれしい。

バンドもいくつか購入しているので、このブログではなくファッションブログの方で近いうちに紹介する予定だ。

理系男子のぐうの音管理人愛用のキーボード

こうやって並べられるくらいキーボードを買い漁るようになるなんて思ってませんでした。

自作キーボードErgo42 towel

最終的にたどり着いた自作キーボード。何もかもが自分の思い通りになって最高です。あなたが今使っているキーボードで、押したことのないキーが一つでもあるなら自作キーボードを検討するべき!

自作キーボードErgo42 towel1ヶ月使用レビュー|左右分離・格子配列には慣れるのか

Ergo42 Towel|遊舎工房

静電容量無接点方式のHHKB Professional BT 墨

市販品では最高のキーボード。

静電容量無接点方式という癖になる打鍵感を持つ魔のキーボード。これを一度使うと普通のキーボードでは満足できない体になってしまいます。

【HHKB Pro BT購入レビュー】高いけど買ってよかった!他のキーボードは使えなくなる打ち心地

タイプライター風のAZIO Retro Classic

こだわりが詰まったキーボードを初めて触ったのがコレ。

僕をキーボード沼に引き込んだ張本人です。本物の木が使われていて見た目だけでなく触った感触もレトロ感満載のキーボード。でかくて重いところも抜群の安定感の秘訣。

打つのが楽しくなるキーボードAzio Retro Classic Bluetoothの魅力をなんとか文字にしてみました

Apple純正Magic Keyboard

Macで使うなら一度は検討するべきキーボード。iPadには専用のキーボードも純正・サードパーティ問わず多くリリースされていますが、実はiPadで使うなら最もバランスが良いのがこのMagic Keyboardだったりします。

【レビュー】iPadで使うためにMagic keyboard購入!これは最早ラップトップ!?

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です