ファッション

フィリップス ソニッケアー互換替えブラシ「ソニマート」を使って 3ヶ月。すこぶる順調です。

歯をツルツルに磨き上げてくれる電動歯ブラシ、フィリップス ソニッケアー。

最高の歯ブラシであることは間違いないのだけれど、唯一の欠点は替えブラシが非常に高価だということ。普通の歯ブラシの価格を想像していると度肝を抜かれます。

純正替えブラシの価格をAmazonでチェック

そんな僕らを助けてくれるのが互換品。純正品の1/4程度の価格です。

人柱的に互換品を購入して、 3ヶ月ほど使ってみました。この記事では

  • 純正品との差
  • 互換品を3ヶ月使ってみた感想
  • 互換品はおすすめできるのか

これらについて解説しています。

ソニマート フィリップス ソニッケアー互換ブラシのレビュー

それではさっそくレビューしていきます。

こんな感じの箱で届きました。

劣化するとブラシの色が変わります。純正は本体と連動してランプで教えてくれるのに比べ原始的ですが、機能的には十分です。

省スペースで8本並んでいます。1本で3ヶ月持つとすれば2年分相当です。

純正を交換推奨時期を超えて使い続けるよりは、互換品でもこまめにブラシ交換したほうが歯の健康にはよさそうです。

きちんとキャップも付属。旅行などの持ち運びにも対応できます。

接続部は金属のおもりがついています。これが安定感の秘密かも。

純正品もついていましたね。そして純正品はここにチップもついていて、本体と通信、ブラシの交換時期を教えてくれます。

本体に装着するとこんな感じ。違和感ありませんね。

フィリップス ソニッケアー本体は「もはや“自動”歯ブラシに進化!フィリップス電動歯ブラシ・ソニッケアー プロテクトクリーン プレミアムをレビュー」でレビューしています。

もはや“自動”歯ブラシに進化!フィリップス電動歯ブラシ・ソニッケアー プロテクトクリーン プレミアムをレビュー こんにちは、るびこです。 かねてから気になっていた電動歯ブラシ。ついに使ってみました。 もうね、電動歯ブラシの認識が変わりました...

ブラシ形状も純正のものと似ています。磨き心地も遜色ないと言っていいでしょう。

本体と若干質感が異なる(そしてソニマートの替えブラシのほうが安っぽい)のは気になります。でもまあ実際安いわけですし、十分に許容範囲です。

フィリップス純正替えブラシとソニマートの互換替えブラシの違い

本体との通信でブラシの交換時期を教えてくれるかどうか、乱暴に言えばこの一点のみです。

交換時期を教えてくれるのはソニッケアーの目玉機能でもあると思うので、そこを潰してしまうのは気後れします。しかしそこに目をつむれば、純正品と遜色ないと言っていいでしょう。

ソニマートの互換替えブラシは、ブラシの色が変わることで交換時期を教えてくれます。まあ、安いので交換時期を待たずしてどんどん替えていいと思いますが。

ソニマートの互換替えブラシを3ヶ月間使ってみて

正確には3ヶ月半くらい使用しています。

今の所とってもいい感じです。磨き上がりも純正と遜色ありませんし、3ヶ月使ってもへたってきている感じはありません。

ちなみに、ブラシの色は毛先から半分くらい色が変わってきました。まだ下の写真のように完全に変わってはいませんが、そろそろ交換してしまってもいいかなと思っています。

今日のぐうの音:互換替えブラシ、おすすめです

全く不満がないので、わざわざ高価な純正品を購入する理由が思いつきません(一応リファレンスとしてソニマートの8本を使い切ったら2本くらい純正品を買ってみようと思います)。

ブラシの交換推奨時期を過ぎてまで純正を使うくらいなら、安い互換品をどんどん消費していくほうがアリな気がしています。

もしあなたに合わなかったとしても、純正の1/4の価格と経済的損失はごく僅かなのでぜひ試してみてください。

ダメ押しで同じくフィリップスのエアーフロスも使うと、次のステージに進めるので同時使用推奨です。

1回3分で歯の健康を手に入れる|フィリップス ソニッケアー電動歯ブラシとエアーフロスは最強の布陣こんにちは、るびこです。 電動歯ブラシとエアーフロスが揃ってしまいました。口内革命です。 歯のケアの質が向上しただけでなく、歯磨きの...
東京三大メンズヘアサロンまとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です