会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

2年間毎日使い込んだ万双のコードバン長財布を購入時と比較!味わい深く進むエイジング

革を愛でることは男の嗜み。

革のダイヤモンド「コードバン」の長財布を2年使うとどの様になるかを紹介します。

強靭なことに定評のある馬のお尻の革であるコードバン。
その前評判に違わぬ強さに驚きです。その証拠写真も後で紹介します。

それでは早速、上野の「万双」で購入してから2年経過したコードバンの長財布をとくとご覧ください。

使用2年の万双・コードバン長財布

「コードバンとは・・・」とか小難しい話は過去の自分に任せるとして、早速写真を見ていただきましょう。


案外きれいでしょう?

ここで購入当初の写真も▼

ピッカピカ、ではあります。
でも2年の変化には思えませんね。

そうです、コードバンって強いんです。こんなにも強いってのは自分でも驚いています。
そこから2年経過した現在の写真に戻ります▼

▲こんな風に自立する財布っていくつあるでしょうか?

シワひとつできない不自然なほどの丈夫さ。これがコードバンならではの魅力です。
馬のお尻ですからね、想像するだけで強靭でハリがありそうでしょう?

万双の魅力は革の品質だけじゃない!製法の品質が高すぎる


注目してほしいのが「コバ(端面)」の処理。
エッジに摩耗こそ観察されますが、破綻は一切ありません。

職人が丁寧にみがいたコバの美しさは2年経っても健在です。


可動部ですら消耗はこの程度。毎日開いたり曲げたりしているのに、ですよ?当然製法もしっかりしていてほころびは見られません。

財布なので毎日持ち歩いていますし、特別丁寧に扱ってもいません(お尻のポケットに入れない、など基本的なことはきをつけています) 。それでもここまで綺麗なままでいてくれるのは驚くばかり。

コードバンのエイジングは緩やか

でも実は、コードバンなのでもっとテカテカになることを期待していたのです。光沢はあまり出ていませんね。

とは言え、購入当初のマットな革とは既に別物。じわじわと光沢が増してきています。

また、「コードバンは強靭」と繰り返し言ってきましたが、表面に小傷はつきます。鍵など、固く尖ったものと一緒にカバンに入れないように気をつけてはいますが、どうしても避けられませんね。
小傷も自分だけのエイジングだと思えば愛おしいです。大きい傷がつくのはイヤだけど。

総じて、コードバンのエイジングは非常に緩やかです。
革好きとしては退屈でもありますが、経年劣化が少ないと考えれば非常に優秀な素材ということになりますね。

コードバンの手入れは、一周回って何もせず

始めは月に一回くらいクリームを塗り込んでいました。

でも途中でやめました。
毎日使うものですし、手でベタベタ触るのでそんなに乾燥しないかなって。

乾燥を感じたら手入れをしようと思いますが、基本放置しています。

あと、お手入れってほどではないですが気をつけているのはこんな感じ▼

  • 水に濡らさない、濡れたら即座に拭き取る(コードバンは水に激弱)
  • お尻のポケットにいれない
  • 硬いものと一緒にカバンに入れない、硬いものを入れない(だから小銭入れなし、だからファスナーすらなし)
  • ものを入れすぎない

内側はヌメ革でエイジングが早い


内側はこんな感じ。

購入当初と比べてください▼

2年経過して、随分革の角が取れたような気がしませんか?
コードバンとは対象的に、しっとりして柔らかく変化しました。

始めは出し入れに苦労したカード(そもそも固くて全箇所にカードが入らなかった)、それも今では程よい摩擦でカードの出し入れができるように。

ちなみにこちらは購入から1年時点での写真▼

(毎回撮影条件が変わってすみません)

逆に1年→2年の変化は小さいように思います。もうこの時点でヌメ革は出来上がっていたんですね。

それでは現在の写真に戻ります▼

1枚1枚、革の表情が違うのがおわかり頂けますか?
色の濃淡はもちろん、血管の跡がつくる模様も様々です。

こういった個性もエイジングが進むに連れて顕著になってくるのがヌメ革の面白いところ。

財布1つでコードバン・ヌメ革のどちらも楽しめるなんて、お得感がありますね。

今日のぐうの音

  • この光沢がどこまで増すのか。
  • シワはいつかできてしまうのか。
  • 糸が解れる日はくるのか。

2年経ってもまだまだ楽しいコードバンの長財布。

ただでさえ高価だったコードバンですが、近年希少価値が高まり更に価格が上昇しているようです。

耐久性が高く、長く使えることは本記事からも明らかですね。一緒にコードバンを愛でたい方は早めがおすすめですよ。

万双は上野か神戸に行けないと買えないので、万双以外ならGANZOもおすすめ。

「どうしても私と同じ万双がいいっ」という方のために、一応ネットでも買えるので紹介します▶万双 | 最高品質の革鞄 ダレスバッグ等の販売

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved