当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

カメラ

はじめてフィルムカメラで撮ってみました!取り急ぎ自分で写真をデジタル化

こんにちは、カメラにどっぷりはまっている るびこ です。

実家でホコリを被っていたフィルムカメラを持ち帰ってきて、試しに写真を撮ってみました!
デジタル一眼ってブラックボックスな部分があるので、アナログなフィルムカメラも使うと写真の理解が深まります。

はじめてのフィルムが現像から帰ってきたので、フィルムカメラを使った感想をまとめておきます。
使い物になるかは別として、自分でフィルムをデジタル化もしてみたので方法を紹介します。

フィルムカメラを手に入れたぞ!


PENTAX SUPER-Aというカメラです。

なんと、シャッタースピードを自動で決めてくれるという優れもの。
露出の感覚が身についていないので助かります。

ちなみに、「【カメラ】はじめてのオールドレンズは4500円!安いジャンク品だけどそれもまたいい。 – 理系男子のぐうの音」で紹介しているレンズも同じKマウントのため、このカメラでも使用できるという偶然。

このカメラと一緒に持ち帰ったレンズはカビだらけなので現在分解清掃中です。
いつか記事にします。

フィルムは1枚の重みが段違い

デジタルカメラは写真を撮るだけならほとんどランニングコストかかりませんよね。
だからパシャパシャ写真が撮れる。

でも、当たり前だけどフィルムカメラはフィルム買わなくちゃいけない。

24枚撮りで500円です。

さらに写真屋さんに出して現像してもらわないといけません。 これも600円くらい。

とすると、、、
一枚撮るのに約45円かかるわけです。
そしてフィルムを使い切ったらもう撮影できない・・・

当然ですが1枚の重みが比になりません。
構図や露出などよくよく考えてシャッターをきるようになりました。

画が見られるまでのタイムラグにわくわく

デジタルカメラのように撮ってすぐ見られるわけじゃないんです。
フィルムを使い切るまで現像に出せないし(もったいないから)、現像に出してからもまた待ちます。

このわくわくはなんとも言えません。
現像されたフィルムを受け取るときは、小学校で通信簿を先生から受け取るときのような気持ちでした。

現像したフィルムがこちら


気づきましたか?ポジフィルムです。
36枚現像に880円と高価でした。
プリントはせずに現像だけでこの値段・・・。

ネガは色が反転していますが、ポジはそのままの色が乗っています。
真っ黒じゃないかって?


▲白い画像を表示させて輝度MAXにしたPCのディスプレイに乗せるとなんとなく見えます。

▼ホワイトバランスをいじればもっと見やすいですかね。

自分でデジタル化してみた(専用機材不要)

このフィルムをまたお店に持っていってさらに課金すれば専用機材でデジタル化してくれます。
でも、これからもフィルムカメラでもっと撮るかもしれないし、なんとか内製化できないものか・・・

フィルム専用のスキャナも5,000円位から売ってます。

▲もし買うならこのくらいかなあ。

とりあえず今回は、専用機材に頼らず、普通のプリンタ複合機でスキャンしてみました。 f:id:gu-none:20170525235039j:plain
はい真っ暗でなにも見えません。
どうあがいてもここから色を救えませんでした。

「明るさが足りないなら照らせばいいじゃない!」
ってことで、スマホに白い画像を表示させて、輝度最大にしたものも一緒にスキャンしてみました。
f:id:gu-none:20170525235417j:plain
▲どうです?なんとか見えますよね。

※カラースキャナーはセンサー自体で色を判別していません。光源をRGB変えながらスキャンすることで色の情報を取得しています。
このため、常に白色光で照らしているものをスキャンしてもモノクロになります。

フィルムをスキャンしてデジタル化した写真の例

先程のようにスキャンして取得したものをトリミングしました。


寺の写真です。
フィルムカメラを初めて触ったのがバレてしまうミスを犯してますね。


愛機のデジタルミラーレス一眼α7II。
関連記事: 【カメラ】はじめてのミラーレス一眼にSONY α7II購入!開封の儀と同時購入品を紹介 – 理系男子のぐうの音


たんぽぽの写真です。

今日のぐうの音

写真って奥が深いなあと思いました。
フィルムカメラを使いこなせるようにあれば、デジタルでも腕が上がりそうな気がします。

このフィルムを写真屋さんでもデジタル化してもらい比較する予定です。

おまけ
先程のフィルムをPCで照らした写真をトリミングしたものも載せます。

あれ、スキャンしたのよりむしろこっちのがいい?

www.gu-none.com

社会人の身だしなみの格上げをしてくれるアイテム

Aldenの革靴

革靴といえばAlden。一度は履いてみてもらいたい一足。グッドイヤーウェルト製法でソールの交換も可能。長く履くことができます。

革靴はスーツと違って流行があるわけではありませんし、品質の差がわかりやすいので、背伸びしてでも高級品を買って長く履くのが結局コスパいいと思ってます。

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】こんにちは、26歳サラリーマン るびこ です。 入社時に3万円のREGALの革靴を、清水の舞台から飛び下りる思いで購入したのを今でも覚...

Knotの自動巻き機械式腕時計AT-38

Knot AT-38電波時計でもなければソーラ充電でもない。なんならクォーツですらないという機械式腕時計。

手間のかかるモノですがそこがまたいい。魅力はレビュー記事に詳しく書いています。

27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】

楽天から購入できます▼

Knot AT-38
27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】ついに機械式腕時計を使う喜びを知ってしまいました。 日本製にこだわることに定評のある腕時計メーカー・Knot。 どんな服装にも...

万双のコードバン長財布

コードバンとは馬のお尻の革のこと。「キング オブ レザー」とも呼ばれる強靭さ・希少価値ともに高い革です。

3年くらい使用していますが、シワひとつできないその強さに僕自身が驚いています。

エイジング記録をまとめています> 【連載企画】革のエイジング

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST
Eマウントレンズ

Eマウント神レンズとの呼声高い広角ズームレンズ “SEL1635Z” を購入しました|使うと分かる広角の素晴らしさ

2017年12月2日
理系男子のぐうの音
レンズ沼からこんにちは、るびこです。 10万円超のレンズ、3本目を購入しました! まさかこんなにカメラに課金することになるとは・・・。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です