理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

【スポンサーリンク】

高校生から10年履き込んだリーバイスのデニムの色落ちレビュー


こんにちは、デニム好きのるびこです。

デニムを10年間履き込んだらどんなになるのか!?
貧乏性で愛着のあるデニムを捨てられない僕からレビューをお届けします。

薄汚いって言わないで!

デニムとは、ジーンズとの違い

デニムは素材の名前。デニム素材で作られたパンツをジーンズと呼びます。
ニットとセーター、スウェットとトレーナーの関係に似てますね。

素材 トップス ボトムス
デニム Gジャン ジーンズ
ニット セーター ニットパンツ?
スウェット トレーナー スウェットパンツ?

私の中ではこんな認識です。

今回タイトルで「デニム」という表記を使ったのは、
この記事では「色落ち」に着目しており、必ずしもボトムスである必要はないためです。
別にジーンズでもいいんですけどね。

買った状態のおさらい


Levis 510です。10年前にロサンゼルスで買いました。
510ってモデル聞いたことないし、よく知らない土地で購入したので万に一つくらいの確率でリーバイスのパチモンかもしれません。
たしか日本円で6,000〜8,000円くらいだった気がするので、モノホンっぽい値段ですけどね。

ちなみに30インチでゆるゆるです。
洗ったら縮みましたが履いてたらまた伸びました。
高校生に戻れたら28インチにする。

ちなみに買ったときは濃紺。全く色落ちしてませんでした。
ちょうどこの商品リンクのような感じです。

Amazonで調べたら510ってモデルあったので安心しました。
のっけからこんな話するとこの記事の信憑性なくなっちゃいますね。
路面店とかではなく、普通のショッピング街で買ったのできっと本物です。
少なくとも私は10年間そのつもりで履いてました。

さっそく色落ちレビュー


どどん!こんな感じに育ちました。
結構キレイな色落ちじゃないですか?


背面はこんな感じです。

色落ち1:「ヒゲ」


股間から放射状に伸びる線上の色落ちを「ヒゲ」と呼びます。

色落ち2:「ハチノス」


膝裏の切れ長の目みたいな色落ちを「ハチノス」と言います。
濃淡がはっきりしていてここが一番の満足の出来です。

次はダメージ部分について見てみます。

ダメージ1:携帯の角


高校生の頃は携帯は左のポケットと決めていたので、懐かしき911T の形がすっかり残ってますね。
そしてその角に当たる部分に穴が空いてます。

ダメージ2:チャリでコケたときの穴


高校生って往々にしてチャリで爆走しますよね。
そう、チャリ走。糸通し。懐かしい!

リアルで雨の日に早く帰りたくて車道から高速で歩道に乗り上げたときに転倒しました。
路面が濡れていたのでハイドロプレーン現象かもしれません(違う)

そんなわけでこの穴も私の歴史の一部です。

ダメージ3:糸のほつれ



バックポケットが目立ちます。
さすがに糸もほつれてきますね。

てか、むしろよくジーンズの形を保ってるなと思います。

ダメージ4:股間の穴


いつ、なぜ生地が薄くなったのかもわからない。

今日のぐうの音

買ったのが昔過ぎて、服にも大して詳しくありませんでした。
糊付きだったのか、ワンウォッシュだったのかもわかりません。
たぶんワンウォッシュだと思う。

でも、ギリギリまで洗わずに履く、ということだけは徹底してきたので濃淡のあるデニムに育てることができました。
めでたしめでたし。

おまけ:3年間履いたユニクロのデニム

もう1着、新品で買った濃紺のデニムがありました。

ヒゲ(股間)やハチノス(膝裏)がうっすら認められるかと思います。

私はオンスが大きい(堅い)デニムが好きなのですが、ストレッチが入って柔らかい、すんごい履きやすい動きやすいユニクロのデニムもそこそこ色落ちしてますね。

ちなみにレディースで26インチです。
シルエットはむちゃくちゃキレイ。股が浅いのが玉に瑕。

www.gu-none.com