読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心とする雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心とする雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

一眼ではなく、あえてコンデジを買う理由~違いをもとに比較~ 後編

カメラ 比較 ガジェット

【スポンサーリンク】

こんにちは、カメラ初心者のるびこです。

 

 前回の記事は、コンデジ購入に至るまでのお話でした。

gu-none.hatenablog.com

勝ち目がないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はタイトルにもある通りコンデジと一眼レフを比較してみようと思います。

 

 

 

デジカメといえば一眼

 携帯にカメラが搭載されていからというもの、デジカメの需要が大きく縮小しましたが、一方で写真に興味を持つ人が増え、一眼レフの売上は全く落ち込んでいないそうです。

つまり、デジカメユーザーでは相対的に一眼所有者の割合が上がっている、という背景があります。そんななかであえてコンデジを買う理由とは何でしょうか?

 

安い!

これは誰もが思いつくのではないでしょうか。

 

※はじめに断っておきますが僕はカメラはほとんど素人です。カメラが趣味の友達に相談したり、コンデジや一眼を借りたりして検討した経験をもとにこの記事を書いています。

 

実際に安いということは僕の中でとても重要な要素でした。他にもいろいろお金使いたいしある程度どこにでも持って行ってラフに使うことができますからね。

 

ポケットやかばんに入る大きさ!

前回の記事でも軽く触れましたが、これが一番重要でした。

首から一眼を下げてオシャレ感を出すのも良いですが、気合を入れなくてもどこにでも持っていける、このメリットにはかえられません。

僕の場合、ほとんどの旅行は

感じる > 記録する

なんですね。あくまで写真を取るための旅行ではない。

常にポケットやかばんに忍ばせていおいて必要なときに必要十分に綺麗な写真が取れる、これにはコンデジが最適でした。

 

レンズ交換の必要性がない

「レンズを交換できるのがカメラの醍醐味だろ!」ってお叱りを受けそうです。

用途に合わせて明るい単焦点や、ズームレンズなどを使い分ける楽しさは分かります。憧れます。

でも、旅行や散歩などにレンズを何本も持っていくのも、途中で交換するのも

単焦点だけ持ってきて「ズームしたかったー」ってなるのもその逆も

今のところ避けたいんです。

そこで、マクロも望遠もある程度カバーできるコンデジの出番です。

 

コンデジ

醤油も味噌も塩ラーメンも出てくるまあまあ美味しいラーメン屋、なんならつけ麺も出てくる

 

一眼

めちゃくちゃ美味しい豚骨ラーメンのお店、売ってるのは豚骨のみ!

 

ってイメージです。豚骨の気分ってはなからわかっている(用途がはっきりしている)なら断然一眼レフですね。

 

レンズ資産構築の猶予ができる

基本的にメーカーごとにレンズの互換性はありません。

カメラ初心者のうちに例えばキヤノンのカメラ、レンズを買ったとします。カメラに詳しくなってやっぱり自分にはニコンのほうがあってるなと思うようになった時、ニコンのカメラを買うと、最初に買ったキヤノンのレンズが無駄になってしまうのです。

 

コンデジで特訓して、どのメーカーの表現が自分の求めているものに近いかわかるようになってから、一眼レフを買うことをおすすめします。

ひょっとしたらコンデジ1つ分くらいのお金を浮かせることができるかもしれないですね。

 

まとめ

前半はコンデジのメリット、後半はいずれ一眼にステップアップするなら、というお話をしました。

首から一眼を下げることに憧れている人を除けば、初心者には圧倒的にコンデジがおすすめです。コンデジのほうが沢山持ちだして沢山写真をとって、写真が好きになる確率が高くなりますからね。

 

僕もいずれは一眼欲しいです。

 

 後継機種がでてるのでこちらもどうぞ

【スポンサーリンク】