当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

オーディオ

クソ耳の僕でもイヤホンSE215SPEをオススメできる理由【1万円台】

Shure SE215SPE

こんにちは、るびこです。クソ耳ですみません。

私はかれこれSHUREのSE215SPEというイヤホンを4年くらい使い続けています。クソ耳につき音質については詳しくは語れませんが、だからこそ!オーディオ初心者にすすめられる理由があります。

付属のイヤホンを卒業したい!くらいの人向けに紹介します。

系男子によるコスパ算出

大手メーカー勤務の筆者が、その経験をもとに製品の本当のコストパフォーマンスを評価するコーナー

価格の手頃感
生活への影響度
長く使えるか
スペックに現れない価値
所有する高揚感

総合コスパ:

入門用高音質イヤホン、コスパ最強イヤホンの代名詞。まさにロングセラー!
同じコスパ評価の製品一覧

「価格の手頃感」、「生活への影響度」が高ければ高いほどコスパも高くなり、逆に「スペックに現れない価値」が高くなるとコスパは低くなります。なお「所有する高揚感」はコスパ算出の対象外。

SHURE SE215SPEとは?

SHUREとはアメリカのオーディオメーカーです。イヤホンやヘッドホン、マイクなどでも有名です。中でもイヤモニに定評があります。

イヤモニとは?

インイヤーモニター(In Ear Monitor)のことで、ライブ中にアーティストが耳に入れてるイヤホンみたいなあれです。まあ、イヤホンなんですけど。耳にくるって巻いてるやつ。

f:id:gu-none:20161012213740p:plain

https://www.shureasia.com/en/products/in_ear_monitoringより

 

さまざまな音が鳴り響くライブ会場で、聞きたい演奏音だけを正確に聞き取るためのものです。

つまり、、、

  • 低音重視とかせずに音源に忠実、とにかく正確で
  • ライブ会場でも聞き取れるくらい遮音性がめちゃくちゃいい

ってこと!10万とか普通にします。普通買えませんよねえ、、、

1万円台で買える!?

そこでこれです。

ガチのオーディオヲタクの皆様に言わせれば、イヤモニとは呼べないでしょうけど。最高の入門機としてなら否定するオーヲタはいないと思います。

簡単にレビュー

こんな感じの箱に入ってます。正直1万円にしては安っぽいです。

隣の虫はお気になさらず。

 

Shure SE215SPE

こんな感じです。スケルトンが男心をくすぐります。でもちょっと青色が子供っぽいかもしれませんね。

初音ミクカラーとも言われています。

 

端子はしっかりした作りです。スマホで聴く場合、カバーによっては干渉するかもしれません。

 

付属品のご紹介

専用ケース。可もなく不可もなく。あると便利かなあくらい。

 

イヤーチップは2種類ついています。

  • 左のが一般的なシリコンのタイプ
  • 中央のは「むにゅっ」としている耳栓みたいなタイプ

潰して耳に入れて、耳の中で広がっていきます。これのお陰で遮音性抜群です。音質の違いはわからなくても遮音性の違いは私でもわかりますよ。

それぞれ3サイズ付属しています。

ちなみに右のはイヤーチップに付着した耳垢を取り除く道具。

オススメ1:SHURE掛けできる

まずはこちらを御覧ください。


Shure イヤホンの正しい装着方法

これができるんです。逆に言えば、この方法じゃないと装着できない。なんか、急にツウな感じになりますよね笑

SHURE掛けのメリット

イヤホンにはタッチノイズと言うものがあります。

カナル型イヤホン特有のもので、ケーブルが服などに触れると「ガサガサ」と耳に伝わってくる不快な音です。

SHURE掛けをすることで、このタッチノイズを軽減できるんです。原理は簡単で耳の裏側にケーブルが触れていれば、それ以降がどこと擦れてもその振動は伝播しないからです。

SHURE掛けのデメリット

つけにくい。慣れるまで。

慣れればなんてことないんですが、それまでは面倒くさいです。

 

オススメ2:リケーブルできる

リケーブルとはケーブルを交換することです。そんなの必要ないって思います?

 

リケーブルのメリット1:断線が怖くない

断線したら買い替えが基本のイヤホンです。リケーブル出来れば、ケーブルだけ買い換えることで復活させられるんです。高いイヤホンでも安心!

まあ、SHUREのケーブルは極太で断線する気配全く無いんですけどね。

 

ちなみに断線しそうなときは、熱収縮チューブで補強するという方法も有効です。ハンダゴテがあれば最高ですが、ライターで炙ってもしっかり補強できます。

熱収縮チューブの購入ならRSコンポーネンツが種類が豊富です。

リケーブルのメリット2:音質の変化を楽しめる

リケーブルで音が変わるってオカルトだと思ってたんですけどね。でも、詳しい友人に聞くとどうやらそうでもないみたいです。ケーブルによって変わるらしいです。

正直まだ半分疑ってるんですけど、いずれ試して見たいと思います。イヤホンを新調するよりよっぽど安いですしね。

オススメ3:イヤーチップを交換できる

イヤーチップもSHUREなら汎用部品に交換できます。

有名所で言うとComply

 SHURE純正の3フランジは耳に刺さりますが抜群の遮音性です。

実際につけるとこんな感じ。なんて表現したらいいのかわかりませんが、音質が変わった気がします。

こんなに安く音質の変化を味わえるなんてコスパ最高! 

今日のぐうの音

何が言いたいかって拡張性が抜群なんです!オーディオに興味を持ったらまずSE215シリーズを候補に入れましょう。

私は発売して割とすぐ買いましたが、それから4年間もロングセラー商品ということから安定した人気も伺えると思います。

iPhone用リモコン付きのモデルも発売されています。白いボディも渋いですね。

チューニングが少し違う無印モデルもあります。フラットな味付けらしいです。視聴した感じは、SPEのほうが好みでした。

ワイヤレスヘッドホンWH-1000XM3レビュー!SONY最強のノイズキャンセリングを君は味わったか 無線は音質が劣化する ノイズキャンセルはそれ自体がノイズだ そんなふうに考えていた時期が 俺にもありました。 技術の...
イヤホンとヘッドホンの使い分けについて考えるこんにちは、るびこです。 私はイヤホンとヘッドホンを1つずつ持っているのでその使い分けについて考えてみたいと思います。 適材適所! ...
理系男子のぐうの音管理人のオーディオ環境

家でもカフェでも通勤中も手放せないヘッドフォン

レビュー記事

ヘッドフォンが使えないときのイヤフォン

レビュー記事

MacBook Proにつないでいるワイヤレススピーカー

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker
BOSE(ボーズ)

レビュー記事

映画を大迫力にできるTVスピーカー

レビュー記事

たまに使うと滅茶苦茶いい開放型ヘッドフォン

レビュー記事

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. […] 「クソ耳の僕でもイヤホンSE215SPEをオススメできる理由【1万円台】」でレビューしているSHUREのイヤホンも若干低音寄りではあります。でもBose SoundSport Free wireless headphonesのほうが、よ […]

  2. […] クソ耳の僕でもイヤホンSE215SPEをオススメできる理由【1万円台】こんにちは、るびこです。クソ耳ですみません。 私はかれこれSHUREのSE215SPEというイヤホンを4年くらい使い続けていま […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です