理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

【スポンサーリンク】

【革のエイジング記録】コードバン財布8ヶ月・ヌメ革小銭入れ6ヶ月

f:id:gu-none:20170526001733j:plain
こんにちは、今月の革をお届けします るびこ です。

毎月月末にお届けしている「革のエイジング」シリーズ。
今回はいつもよりズームした革をお届けします。

初めての方へ

まずは以下の2記事からどうぞ。
買った当初の様子やコードバンの説明がされている記事です。

万双のコードバン長財布【8ヶ月目】


細かい傷はありますが、8ヶ月ならまあまあきれいな方だと思います。
もう8ヶ月も経つのかあ。


さすがは万双。
糸がほつれる気配すら感じさせません。


内側はヌメ革です。
こちらは1枚1枚かなり個性が出てきました。
色味がそれぞれ異なっています。


こうやって見るとヌメ革の表面もかなり凹凸が認められますね。


カードのエッジでえぐれてしまっているところも散見されます。

無印良品のヌメ革小銭入れ【6ヶ月】


値段の割に革の品質が高いと評判の無印良品。


万双と比べるのは酷ですが、半年たってもこの具合はかなり品質が高そうです。


だんだんときつね色になってきています。


万双の内側のヌメ革よりもなめらかな印象です。
露出している部分なのでなめらかになっていくのも当たり前ですが。


小銭入れですが小銭は一切入れていないので内側が黒ずむこともありません。

今日のぐうの音

やはり革は手入れさえしてあげれば本当に耐久性の高い素材だなと実感します。
そして使えば使うほど「劣化」ではなく「経年変化」していくところが一番の魅力ですね。

来月もお楽しみに。

【定期連載】革のエイジング一覧 - 理系男子のぐうの音