読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

【大人のデニム】伊勢丹でA.P.C.のプチニュースタンダードを購入!じっくり育てたい

f:id:gu-none:20170131232416p:plain
こんにちは、デニム好きなるびこです。

タイトル通りA.P.Cのデニム「プチニュースタンダード」を購入しました。
まだノリがついている、生デニムの状態です。
ここからじっくり育てていきたいと思います。男のロマン!

A.P.C.について

フレンチカジュアルに定評のあるブランドです。文字通りフランス。

スタンダードで上品なアイテムが多く、普通の着こなしでもワンランクあげてくれる。
そんなブランドです。

www.apcjp.com

A.P.C.のデニムの分かりにくいラインナップ

これは買おうを決心するまでなかなか覚えられませんでした。

  • ニュースタンダード
    いわゆる普通のストレート
  • プチスタンダード
    ちょい細め
  • プチニュースタンダード
    テーパードのかかった細身

テーパードというのは太ももまでは普通で膝から下が細くなっているシルエットです。
初心者にオススメはもちろんプチニュースタンダード。
細身なので女子ウケもいいし、とりあえず間違えないです。

次にオススメはニュースタンダード。
アダムエロペで取り扱っていたのもニュースタンダードでした。
これを男らしくストレートで履くもよし、サイズアップして太めに履くのもいいかもしれませんね。

プチスタンダードは中途半端であまりおすすめできません。
おしゃれに見せるには、もちろん幾何学的な要素もあります。
「でも流行を知ってて、そこに合わせてきている感を出してあげる」
そうすることで簡単におしゃれと思ってもらえるんです。

A.P.C.プチニュースタンダード開封の儀


こんな感じの箱で届きました。
通販じゃないのになんで郵送なのかは後ほど。


丁寧に畳んで袋に入っています。


袋から取り出すとこんな感じです。
裾を切ってもらったから郵送してもらいました(郵送は課金)。


縫い目を見ると仕上がりは問題なさそうですね。

一回洗濯して縮ませてから切っても良かったんですが、てか本来そうすべきなんですが、

  • 洗濯せずに糊付きのまま、できるだけ長く穿き込みたい
  • るびこがあまりに短足なため

この2つの理由から、初手で切ってもらいました。


セルビッチの赤耳が光ります。

普通は一枚の生地を裁断して何本もパンツを作るので、もとの生地の端(耳)は切り取られてしまっています。

しかし、セルビッチは一枚の生地から1本のパンツを作るので、元の生地の両耳が残っています。これが赤耳。

簡単に言えば、誰にも伝わらないけど心の中だけでドヤ顔できる高級デニムってことです。

写真レビュー

さっそくディテールをみていきましょう。
A.P.C. PETIT NEW STANDARD 27インチ
お値段は税抜き¥20,000です。
僕としてはとっても高価な1本。

伊勢丹だと、27インチやそれ以下もサイズを豊富に揃えていました。
26インチも試着してみましたが、とても気軽には穿けないサイズ感だったので諦めました。


全体の写真です。
股下は深め、太ももは割りとゆとりがあって、膝下は細めですね。


股下は深め(二度目)
この細そさだから相対的に深く感じるのであって、一般的な男性向けのデニムパンツと比べれば普通くらいの深さかもしれません。

当たり前ですが、ヒゲなどは全くなし!
ヒゲなど、色落ちの解説については下記記事で▼
ヒゲについて


このへんからグググっと細くなってるの分かりますか?
これが美しいシルエットを作っています。


後ろからの写真です。


後ろから見ても徐々に細くなってるのは同じ、当たり前ですが。

ノンウィッシュなので当然ハチノスもなし!
ハチノスについては過去記事で▼
ハチノスについて


ポケットは大きすぎず小さすぎず。
大きめで、少し下がった位置についていると男らしくなります。
これはユニセックスなので中性的なデザインですね。


クラシカルなボタンフライです。
かっこいいですけど手間ですね。漏れそうなときやばいかも。
気をつけます。


ベトナム製です。

着用レビュー

履いてみました。

27インチの具合はこんな感じ。
ちょうど良さそう。


丈感はこのくらいです。
クッションがあるので多少縮んでも大丈夫です。

洗濯方法について


こんなインフォメーションカードが入っています。
いまはノンウィッシュの状態ですが、履き込んで選択を繰り返すと、この写真のように色落ちしていきます。

そこで気になるのが洗濯の方法。このカードの裏を見ると

日本語部分をズームします。
「1 過激主義」でいきます。

「4 海水」って真面目なのかなあ。
実際にやったらどうなるのか気になる。

なるべく汗をかかなそうな日を選んで、少なくとも半年くらいは洗わずに履こうと思います。

今日のぐうの音

社会人なのでなかなか長時間は履き込めません。
が、焦らずのんびり育てていきたいと思います。

そこで、不定期連載始めます。
【デニムのエイジング】シリーズ。
次の更新は洗濯前と洗濯後の比較
になると思います。

【おまけ】参考までに私が10年間履きつぶしたデニムの写真も載せておきます。

こんな感じに育てたいです。
関連記事: 高校生から10年履き込んだリーバイスのデニムの色落ちレビュー - 理系男子のぐうの音