当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

グルメ・食品

辛辛魚、今まで食べてなかったことを後悔するほど刺激的なカップラーメンでした

辛辛魚

この記事を読んでいるあなた、もちろん辛いのはお好きですよね?
きっと血液は蒙古タンメン中本の麻婆豆腐ですよね、わかります。

当然辛辛魚のカップラーメンは食べてますよね?
ごめんなさい、僕は今年に入るまで食べてませんでした。今になって食べてなかったことをものすごく後悔しています。辛辛魚の存在を教えてくれた友人に感謝!

2月に2019年版の辛辛魚が販売開始したので紹介します。先に結論を言うと滅茶苦茶うまかった。

見るからに辛そうな「辛辛魚」

辛辛魚

パッケージはこんな感じ。見るからに辛そうだけれど、辛さ一点押しのような下品さもない。

むしろ黒と赤のツートンに上品さすら感じる。

蓋には下記のような注意書きが▼

大変辛いラーメンです。
辛いものが苦手な方はご注意ください。

これくらいやってくれないと、こっちが困ります。
万人受けする最大公約数的な商品にはちょうど飽き飽きしていた頃合い。期待が高まります。

早速お湯を入れて作ってみました。
作り方はごくごく一般的なので割愛します。

熱湯入れて4分待つ間に辛辛魚のお勉強

公式サイトから辛辛魚の紹介を引用してみました▼

東京石神井の人気店『麺処井の庄』監修の「辛辛魚らーめん」。毎年大変ご好評をいただいている、発売11年目の激辛ラーメンです。
今年は、より辛味のある唐辛子粉末を採用して、奥行きのある辛味を表現いたしました。また、魚粉と豚骨の配合を見直し、一層風味良くどっしりとした旨味のスープに仕上げました。

出典:https://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8245.html

東京石神井の『麺処井の庄』というお店のラーメンなんですね。今度行ってみます。
辛くない中華そばもあるみたいなので、万が一辛いのが苦手なのにこの記事を読んでいる勇者諸君も安心して行ってみてください。

発売11年目、そんな昔からあるなんて食べていなかったことが尚更恥ずかしい。

  • 麺はノンフライ太麺
  • スープは濃厚辛口豚骨醤油スープに唐辛子と鰹荒粉

男の子が好きなもの全部入ってるね。

豚骨✕魚介✕激辛 = 最高

辛辛魚この魚粉がもう最高

そもそも僕が鰹節すきっていうのもあるけれど、めちゃくちゃ美味しい。そしてそれ以上に辛い。蒙古タンメン中本のカップラーメンよりも辛い。

熱いうちはスープから直接はすすれなくて、一旦別の茶碗に取り分けて冷ましてから食べたほど。

別の茶碗に移しても、太麺にスープはよく絡んでいて美味しく食べられました。やっぱり魚粉と唐辛子って最高。この写真を見るだけでもじわじわ唾液が分泌されて、口の中にあの風味が蘇ってくる。

最終的にはスープも飲み干してしまうほど気に入りました。

今日のぐうの音

魚粉と唐辛子好きな僕にはたまらないカップラーメンでした。

お店で見つけた時に興奮してとりあえず2個買ったので、また食べられる幸せ。

僕はこれまで食べてなかったことに後悔しましたが、辛いのが苦手な人は食べて後悔すると思うので、自身のある方のみチャレンジしてみてください。

辛辛魚つけ麺も売っている・・・だと?

食べ終わった辛辛魚の容器を水で洗い流す時に目がシュパシュパしました。そのくらいの唐辛子量。

「理系男子のぐうの音」の人気記事

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です