当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

ライフハック

万年筆を常用にする前に知っておきたい4個のこと

僕は大学時代に万年筆に出会い、入社時からずっと仕事で万年筆を常用しています。
その一文からお分かりいただけるように、万年筆は手書き入力に関しては最高のインターフェイスです。触ったことのない方がいたら是非使ってみて欲しいです。

新入社員が万年筆使っていたら珍しがられますが、僕は珍しがってきた人全員に万年筆を勧めてきました。そこまで万年筆激推しの僕でも「万年筆のここはよくない、ボールペンに覇権を奪われたのもうなずける」と思うところがいくつかあります。

万年筆を使ってみて「こんなはずじゃなかった!」とならないように、万年筆を常用するにあたって知っておきたいことをまとめておきました。万年筆の購入を考えている方は参考にしてみてください。

万年筆は紙を選ぶ

 万年筆を使って書いたら・・・

  • 書いたあとからじわじわ滲んできた
  • 裏から書いたあとが見える(油性ペンで書いたときみたいな)
  • 万年筆のペン先を紙の同じ場所に触れさせていたら紙に穴が空いてしまった

こういったことが稀にあります。

実は万年筆って薄い紙や滲む紙にはめっぽう弱いんです。誤解を恐れず言えば、高い紙ならOK

とはいえ、一般的なコピー用紙なら問題ありませんので安心してください。

長期間使わないと書けなくなる

ボールペンも何年も使っていないと書けなくなることがあります。万年筆はもっと早い時間で書けなくなってしまいます。ペン先が乾燥してしまうんですね。

どのくらいで書けなくなるかは保管状態によります。キャップをし忘れていたら悲劇。

長期間使わずに保管する場合は中のインクを出して、洗浄・乾燥させておきましょう。正しく保管しておけば万年筆という名前の通り末永く使うことができます。

万年筆は手入れが必要

じゃあ万が一ペン先が乾燥して書けなくなってしまったら?

そんなときはお湯でペン先を洗いましょう。乾燥して固まったインクがとけてまた使えるようになります。

インク交換の際にもペン先を洗浄する必要があります。たとえより濃い色に交換する、似たような色の他社インクに交換する(色が混ざっても構わない)場合でもペン先の洗浄は必須です。いたずらに色素を混ぜるのは危険ですから。

ちなみにインクを補充するときは手が必ず汚れます。それも覚悟しておいてくださいね。

【万年筆】LAMY サファリにコンバーター装着!インク吸引方法は4ステップで簡単こんにちは、筆記はほぼ万年筆のるびこです。 今回、もっと万年筆を堪能すべくコンバーターを購入しました。 初めてインク吸引をしてみまし...

ペン先は非常にデリケート

金のペン先はとりわけ柔らかく、どんどん使い手に馴染んでいきます。自分だけのペンになっていく過程が万年筆の醍醐味。他人に貸すのも出来れば避けたいところ。

普通に書くだけでペン先は徐々にその形状を変化させていくのです。ペン先は万年筆の全てであり、最も繊細な部分。

堅い床にペン先から落としたら破損しかねません。悪く言えば高価な金のペン先ほど耐衝撃性に劣る、という見方もできるわけです。

万年筆は毛細管現象を使って書きます。ね?デリケートっぽいでしょう?ボールペンのようにラフに扱うことは控えてください。

今日のぐうの音

最後まで読んでみて「万年筆、憧れはあるけれど、なんか面倒臭そうだな」なんて思いました?

そうです。面倒くさいんです。でもその不便さが万年筆を使う楽しみでもあるんです。ちなみに僕の場合は「不便さを楽しめている自分が好き」というナルシスト的な一面も無きにしもあらずですが(万年筆ユーザーみんながナルシストと言っているわけではありません!)

もし始めは不便に感じたとしても、万年筆の流れるような独特の書き味や手にしたときの高揚感に比べたら些細なことだと気づくでしょう。便利な便利なボールペンが安価に手に入るようになっても万年筆が文具店から姿を消さない事実が、そのことを物語っていると僕は思います。

金のペン先について偉そうに書いてましたが、僕が愛用しているのはLAMY Safariです。

【20代なら万年筆を】初めての一本にオススメのLAMYサファリこんにちは、会社の同期の間で万年筆を流行らせたるびこです。 私は2年以上前から愛用しており今更感があるのですが、万年筆の評判が良いので...

LAMYの万年筆にコンバーターを使ってiroshizukuというインクを使っています。

【万年筆】インクiroshizuku(色彩雫)ー月夜ー を購入!まるで香水のような面持ちこんにちは、筆記はほぼ万年筆のるびこです。 今までずっと万年筆のインクはカートリッジタイプを購入していました。 今回初めて瓶でインク...
社会人の身だしなみの格上げをしてくれるアイテム

Aldenの革靴

革靴といえばAlden。一度は履いてみてもらいたい一足。グッドイヤーウェルト製法でソールの交換も可能。長く履くことができます。

革靴はスーツと違って流行があるわけではありませんし、品質の差がわかりやすいので、背伸びしてでも高級品を買って長く履くのが結局コスパいいと思ってます。

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】

26歳。ALDEN(オールデン)の革靴を購入【ハワイのレザーソウルで買ったよ】こんにちは、26歳サラリーマン るびこ です。 入社時に3万円のREGALの革靴を、清水の舞台から飛び下りる思いで購入したのを今でも覚...

Knotの自動巻き機械式腕時計AT-38

Knot AT-38電波時計でもなければソーラ充電でもない。なんならクォーツですらないという機械式腕時計。

手間のかかるモノですがそこがまたいい。魅力はレビュー記事に詳しく書いています。

27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】

楽天から購入できます▼

Knot AT-38
27歳、カスタムオーダー機械式腕時計Knot AT-38を購入しました【レビュー】ついに機械式腕時計を使う喜びを知ってしまいました。 日本製にこだわることに定評のある腕時計メーカー・Knot。 どんな服装にも...

万双のコードバン長財布

コードバンとは馬のお尻の革のこと。「キング オブ レザー」とも呼ばれる強靭さ・希少価値ともに高い革です。

3年くらい使用していますが、シワひとつできないその強さに僕自身が驚いています。

エイジング記録をまとめています> 【連載企画】革のエイジング

当ブログでは、大手メーカー勤務の筆者の経験をもとに、レビューしている商品のコストパフォーマンスを5段階評価しています。
筆者としてはコスパが悪いのにあえておすすめしている★2や★1から読んでいただきたい。

大企業会社員 兼 ブロガー
るびこ

ガジェット / ファッション / カメラについて書きます。
2014年東北大学理学部卒業
2016年東北大学大学院理学研究科修了、大手企業に新卒で入社

広告記事・レビュー依頼承ります。ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

\ Follow me /
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です