読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心とする雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心とする雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

【あなたにピッタリなのは?】モレスキンの手帳タイプ別まとめ【紙の手帳】

文具 大学・就活・会社 まとめ

【スポンサーリンク】

こんにちは、るびこです。

もう11月!1月始まりの手帳を使っている方はそろそろ買い替えどきかと思います。
そこで、外国製の手帳でもっとも人気のある「モレスキン」の手帳をタイプ別にまとめてみました。 あなたにピッタリの製品がきっとあると思います。
ノートではなく、スケジュールが書き込める手帳タイプを中心に紹介しています。

目次

紙の手帳かスマホなどの電子手帳か

最近はスマホで済ませている方も多いでしょうか。私が考えるそれぞれのメリットを簡単にまとめてみます。

電子手帳のメリット

http://4.bp.blogspot.com/-cC8ybC_4nUg/VGX8pO9cLhI/AAAAAAAApKQ/ZToS-DsItD4/s800/smartphone.png

  • 表示形式が自由
  • 複数の端末で同期できる
  • 荷物にならないし、基本常に持ってる

やっぱり同期できるのが最強のメリットですね。

紙の手帳のメリット

  • スマホNGな場所でも開ける(会議など)
  • 必要な書類や小物を挟んでおける
  • 後々みつけて感傷に浸れる

どこでも開けるっていうのがやはり一番の強みですかね。

手帳といったらモレスキン

やっぱりモレスキンだよね。ミーハー御用達。
「MacBook Air」「LAMMY Safari」「MOLESKINE」
この3つを私はスタバドヤ顔三種の神器と読んでいます。
関連記事:【20代なら万年筆を】初めての万年筆にオススメの一本を紹介! - 理系男子のぐうの音

モレスキンのメリット・デメリット

まずはメリットから

  • リングがないので干渉しない、左のページに書きやすい
  • 確かに紙の質はいいと思う、万年筆でも書きやすい
  • ハードカバーは堅牢
  • ゴムバンドが案外便利
  • かっこいい!

ー追記ー
使用する万年筆によっては裏抜けすることもあります、ご注意ください。

次にデメリットも確認しておきましょう

  • 日本の祝日が反映されていない
  • ちょっと値段が高め
  • ミーハー丸出し

日本の祝日は、人によっては譲れないポイントだと思います。

バードカバーかソフトカバーか

モレスキンの特徴といえばあのハードカバー。かっこいいですよね。机がなくても書きやすそうだし。
小さいサイズならハードカバー一択なんですが、大きいサイズだとハードカバーはちょっと微妙。重くなるし、万が一足に落としたら痛そうだし。

サイズ別まとめ

モレスキンには3サイズあります。PocketとLarge、そしてExtra Largeです。
さらに小さいExtra Pocketや、Extra Largeより大きいA4サイズもあるようですが、あまり見かけないので割愛します。

Pocketサイズ

モレスキンといったらこのサイズですね!
小さめの手帳といわれてイメージするくらいの大きさです。 90×140 mmなのでA6(105×148 mm)よりも一回り小さいくらい。

Largeサイズ

Pocketより少し大きめの普通の手帳サイズ。
130×210 mmなのでA5(148×210 mm)と縦は同じで幅がやや細いです。
ちなみにA5はA4を長辺で半分に折った大きさです。

Extra Largeサイズ(XLサイズ)

これはほぼB5サイズです。多くの人が大学ノートでイメージする大きさ。
手帳というには些か大きすぎる気もします。
190×250 mmなのでB5(182×257 mm)よりも若干太くて短いです。

タイプ別まとめ

それではタイプ別にまとめてみます。

マンスリー

http://www.moleskine.co.jp/ec/upload/save_image/l_8051272893243.PT02.jpg
見開き2ページで一ヶ月のカレンダーが確認できます。
ただし、これはどの手帳にもついています。カレンダー以降はひたすら罫線のページになるところが他との違いです。

逆にいうと、一ヶ月カレンダーしかスケジュールを書き込めないので、最小でもラージサイズを選びたいところ。
メモ帳部分が最も充実しているという見方もできますね。メモ帳としても使いたいのならこれ!

ウィークリー

http://www.moleskine.co.jp/ec/upload/save_image/l_8051272893373.PT04.jpg
左のページは1週間のカレンダー、右のページは罫線です。
左にスケジュール、右に日記など使い方は考え方次第ですね。

2ページ見開きで一ヶ月のカレンダーももちろんついてます。ただし、巻末に罫線のみのページはありません。

ウィークリー バーチカル

http://www.moleskine.co.jp/ec/upload/save_image/l_8051272893397.PT04.jpg
こちらも見開き2ページで1週間なのは同じですが、左に3日、右に4日分と分けて配置されています。

ウィークリー ホリゾンタル

http://www.moleskine.co.jp/ec/upload/save_image/l_8051272893304.PT04.jpg
ウィークリー バーチカルとほとんど同じですが、先程のは1日が縦型なのに対し、こちらは横型です。
時系列順にスケジュールを書くならバーチカル、日記などを書くならホリゾンタルですね。

デイリー

http://www.moleskine.co.jp/ec/upload/save_image/l_8051272893205.PT16.jpg
こちらはどどん!と1日1ページ。その分分厚いです。たっぷり日記を書けますね。

今日のぐうの音

お気に入りは見つかりましたか?
Amazonで輸入品を買うと1,000円くらい安いのでおすすめです。
上記リンクなら文具店で買うより500〜1000円くらい安いですよ。 紹介しきれていないカラフルなものもあるので、お気に入りの1冊を探してみてください!
ー最後にー
モレスキンはあくまで日記としての使用を想定しているそうです。スケジュール帳として使えないことはないですけど、納得した上で購入してください。

gu-none.hatenablog.com gu-none.hatenablog.com gu-none.hatenablog.com

【スポンサーリンク】