会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

提案力に長けたメンズ美容室OCEAN TOKYO 本店に行ってきた【口コミ・評判】

こんにちは、るびこです。

有名ヘアサロン、有名美容室は本当にいいのか?気になりますよね。

街の美容室とどこが違うのか。実際に足を運んで検証してきました。
結論から言ってしまうと、街の美容室と全く違います!

詳しくは続きをお読みください。

東京の三大有名メンズ美容室と言えば・・・

  • LIPPS
  • AKROS
  • OCEAN TOKYO

上2つは既に行ってきました。 最近、急に人気を増してきているOCEAN TOKYO 本店にも行ってみました。今回はその口コミになります。

LIPPSとAKROSの比較記事もあります。残りの美容室についてはそちらをご覧ください。

OCEAN TOKYO 本店はキャットストリートのビルにある

ホットペッパービューティー の写真では白をベースとしたトリコロールな店内だったので、そんな白い建物を勝手に期待していました。

でも実際はシックなビル。
ホットペッパービューティー掲載の写真とはかけ離れているようです。

しかし、入店してみると、安心。ついに白く明るいお店になりました。
ちなみにエレベーター降りるとすぐ店内なので気をつけて。

初めの洗髪はアシスタントの女性

このレベルの規模の美容室はアシスタントとスタイリストがはっきりしています。
個人的には人がコロコロ変わると気疲れしてしてしまいますし、できれば通しでスタイリストに対応してもらいたいのですが、そこは仕方ありません。

ちなみに、施術内容を間違って認識されていました。カットとトリートメントをホットペッパービューティー 上でオーダーしていたのですが、「カット+カラーorパーマ」 として認識されていました。
まあこれは稀にあると思うし、最後の会計は予約時と同じ値段だったので結果的に問題はありません。

ちなみにアシスタントの女性の洗髪は以下のような感じ。

  • 男性並みに力強い
  • 繊細さはないけど、力強い方が心地はいい
  • ちょっと待たされた

洗髪後のドライは別のアシスタントの男性でした。とっても気さくな感じ。
当然ですがアシスタントさんは若いですね。私は26歳なんですが、年の差を感じられずにはいられませんでした。どこか辛くもあり、新鮮でもある感じ。

ここで担当のスタイリスト登場|OCEAN TOKYOの実力は?

施術前のカウンセリングは長め。しっかり認識合わせを行うことができました。

「客にどうしたいか聞く」よりも「こうした方がかっこいいから、こうしてもいいですか?」と聞いてくれるので素人の私にとって非常に助かりました。

素人に「ここはどのくらいの長さにカットしますか?」と聞かれても、完成図がイメージできないので答えづらいですから。

基本的にはドライカット

その人の髪型・髪質にもよるかと思いますが、ドライカット(乾いた状態でのカット)でした。

そのカット(カットの進め方?)が特徴的でした。それと比べてしまえば、これまでの洗髪やドライは本当に些細なことだったな、と。

これがOCEAN TOKYO全体に言えることなのか、たまたまそういうスタイリストさんに当たったのかはわかりませんが。

とにかく滅茶苦茶にカットを褒めるんです。

ここの1ミリが大切とか技術的な話もしてくれました。
でもカットの技法については全くわからんし、途中からリアクションに少し困りましたね。

一つだけ言える確かなことは、
自信満々にカットしてもらった方がこっちも自信が出るということ。

こんなに自分の髪型を褒められたのも、自身を持てたのも生まれて初めての経験でした。

OCEAN TOKYOのテクニックを教えてもらえる

カットのあとは再度の洗髪・ドライからの整髪料によるスタイリングをしてもらいます。
その際に、スタイリングのテクニックを2つ教えてもらったので以下に文章でまとめてみます。

テクニック①「生えグセを矯正するドライ」

私は前髪に生えグセがあります。ドライした直後は良くても、時間が経つとパックリ前髪が割れてしまうのです。

それを解消するためのドライ方法を教えてもらいました。

  1. 前髪に横からドライヤーの風を当てる。まずは流す方向と逆
  2. 次に流す方向に
  3. それだけだと前髪が浮いてしまうので上から熱風を当て、手で押さえつける。それを髪が冷えるまで保持

髪は冷える時に形が固まるので、冷えるまでしっかり抑えておくのがポイントです。

テクニック②「ワックスのつけ方」

次に、ワックスの付け方です。LIPPSで教えてもらったスタイリング方法とは若干の違いがありましたね。

  1. 毛先を中心に頭の後ろの髪の毛を逆立てるように塗布
  2. トップは、前髪のボリュームが減らないラインまで立ち上げる
  3. 前髪以外を立ち上げ、つむじから放射状に散らす
    前髪にはほとんど塗布しない
  4. ワックスは毛先に、スプレーは根元に

使用してワックスは当然OCEAN TOKYO監修のもの。

なお、ワックスの販促はありませんでした。当然購入はできるみたいです。

今日のぐうの音


ホットペッパービューティーでは60分の施術時間でしたが、実際は90分かかりました。時間よりも完成度を優先してくれていたのでしょうか。
それは嬉しい半面、次の予約の方に遅れが出てしまう可能性もあるのかな、と思いました。だったらLIPPSのように初めから施術時間を90分にしておけば、と思います。

前述しましたが、仕上がりには非常に満足しています。
実際の技術云々よりトーク力?褒め力?で自分の髪型に自身が出る、という側面が強いです。

スタイリング方法を細かく説明してくれるので、自宅での再現性も高いのもポイントが高いです。

これなら人気が出るのも納得ですね。また来たいと思わせるのが上手いです。

  • 次はこういうスタイリングどうですか?
  • ここはもう少し伸ばしてボリューム出していきましょう

のような提案をしてくれるので。

再三お伝えしましたが、自信満々で散髪されると自分の髪型にも自信が出てきます。
自分の髪型に自信が出ると自分自身にも自信が溢れてきます。 大袈裟だと思うかもしれませんが、一度体験すれば納得していただけると思います。

▼カリスマ美容師を選ばなければ、案外予約も取りやすいです▼
ホットペッパービューティーでOCEAN TOKYO本店の空席確認する

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved