会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

格安アクションカメラ群から頭一つ抜けたEKEN H6s EIS 4K+を試す|性能と価格のバランスがちょうどいい

こんにちは、るびこです。

今や家電量販店でも普通に販売されている格安アクションカム。流行を感じます。GoProは買えないけど広角カメラ・動画撮影機が欲しい、っていう層は多そうです。

観光地でも使用している方をよく見るようになりました。

撮影機器をスマホだけに依存するのってやはりリスクが高いな、と感じています。とくに動画だと電池の消費が激しいですし、屋外の直射日光下ではスマホが熱を持ってしまい、最悪場合スマホの寿命を縮めることになります。

コンデジでもアクションカメラでもいいので、撮影機材を一つでも持っておくのは賢明だと思います。

今回、EKEN様よりアクションカメラ「H6s EIS 4K+」を提供して頂いたので紹介します。

アクションカメラの中級機・EKEN H6s EIS 4K+

記事末にクーポンがありますのでご利用ください。


質素なデザインで、フォントも質素ですね。ECサイトでの販売がメインだと、パッケージのデザインに費用を使う必要がないのは消費者としても歓迎すべきかなと思います。


中にはセミハードのケースが。アクションカメラにはありがちな梱包様式。


この中にしっかり梱包されています。
これに入れて持ち運べば、ある程度の高さから落としてしまっても大丈夫そう。

まさにアウトドア用カメラですね。


付属品はこんな感じ。充実していますね。

無線コントローラーがついているのが特徴的。中級機なだけあります。

その中でも一番役立つであろうミニ三脚

  • テーブルの上に置きっぱなしにして食事動画撮ったり
  • 自撮り棒的に使ったり

普段使いには一番役立つのでは?まあ別途買えばいいだけなんですけど、最初からついててすぐ使えるのは初めてアクションカメラ買う人にはとってもありがたい。

小型ながら機能がギュッと詰まったボディ


フロントにも液晶があるなんて、なんと便利なことでしょう。

自撮り時に撮影時間等を確認できてとっても役立ちます。
「なんだ、撮れてないじゃん!」とかなりませんし、動画の始めに撮影開始してるか覗き込んで確認する自分を撮らなくて済みます。


サイドにはmicro SDカードのスロット、micro USBとHDMIのポートがあります。


背面には液晶が。横にボタンがないので画面占有率が大きくかっこいいです。


底面にはバッテリーです。実は、バッテリーが2つついてくるので、丸一日安心して動画撮影できます

f:id:gu-none:20180502170039j:plain

さっそく撮影に持ち出す


こんな感じの三脚に装着して持ち出しました。
柱などに巻きつけて固定できるので動画撮影ではめちゃくちゃ便利です。

▲ゴリラポッドが有名ですね。2,000円くらいなので持ってて損なし!
関連記事:【さよなら手ブレ】一眼レフ対応の小型三脚購入!どこにでも持ち出せて捗る - 理系男子のぐうの音

面白い静止画が撮れます

まずは静止画からどうぞ。

f:id:gu-none:20180429154137j:plain
どーんと広く撮れますね。

f:id:gu-none:20180429154355j:plain
周辺が歪み、魚眼風の写りです。中央の桜が飛び出しているようで面白い。

動画は手ぶれ補正が強烈に効きます


まずは、歪みから確認しましょう。平行に走る柵をみてもらえば歪み具合がわかりやすいかと思います。


こちらは電子手ぶれ補正の確認。手持ちで撮影しています。ジンバル等は使用していません。

さすがにジンバルほどの効果はありません(あったらジンバルの存在意義がね)が、気をつけて忍び足をすれば手持ちでも十分に見られる動画が撮影できますね。

ちょっと高い分しっかり高性能

中華アクションカメラは今や1万円以下で選び放題です。
でも、EKEN H6s EIS 4K+は約1.4万円と少しお高い。

あえてEKEN H6s EIS 4K+を選ぶ理由をお伝えします。

4K解像度で電子手ぶれ補正が効く

1万円以下の安価なモデルには手ぶれ補正がついていないことがほとんど。
もしついていても、手ぶれ補正時はクロップされて画角がちょっと狭くなったりすることがあります。

「4K解像度のままで電子手ぶれ補正が効くアクションカメラ」というカテゴリーならEKEN H6s EIS 4K+はむしろ格安と言ってもいいでしょう。だってライバルはGoProとかですし。

リモコンで遠隔操作可能

カメラを定点に設置して、スポーツの自分のプレイを確認するような用途だとリモコンは必須ですね。全身を撮影するためには撮影者から離れた場所にカメラを設置する必要がありますから。

想像してみてください。

  • リモコンがあれば、ポチっとしてからプレイ開始、終わったらポチッと止めて、再開する時はまたポチッと
  • リモコンが無いと、撮影を開始/停止する際にカメラとの間を行き来しなくてはいけません

リモコンは「必要になった時に後から購入」なんてできません。少しでも必要かもと思えば、リモコン付きのモデルを買いましょう。

【注意】microSDカードは高性能のものを

4K 30fps(電子手ぶれ補正時は25 fps)。データ量は膨大になります。

書き込み速度の低いモデルだと数分で停止してしましますので、高性能のカードを使用してください。

今日のぐうの音

お手頃なアクションカメラが欲しいけど、安物買いの銭失いはやだ!

という方に丁度よい、価格と性能のバランスが良いモデルだと思います。

今回Amazonのクーポンを用意して頂きました!

クーポン: FUVYUDT2
クーポン価格: 1350円OFF
有効期限: 2018/9/22 JST
EKENオフィシャルウェブサイト: https://www.eken.com/

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved