会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

進化する永遠の定番|GORE-TEXのコンバース・オールスター生誕100周年記念モデルを購入しました

こんにちは、るびこです。

定番は頼りがいがあります、ほんとうに。
定番があるからこそ他が際立つわけですからね。

そんなわけで定番中の定番、コンバース・オールスターを購入したので紹介します。
なんと、今回購入したのはGORE-TEXのモデルです。

悪天候でも、いや悪天候の日こそガシガシ履いていけますね。

開封から、水に濡らしてみるところまでレビューしていきます。

ちょっと特別感のあるコンバース・オールスター


箱も普通と違って特別感ありますよね。


でも、外見は普通。ごくごく普通のコンバース・オールスター。


でもね、GORE-TEXなんです。

あと、なんか説明されてますがソールもちょっと特殊。通常のコンバース・オールスターよりもクッション性に優れます。


裏側。タグを外してもわかるGORE-TEXのしるし。


足首の部分にも控えめにタグが。かわいい。


タンから水が侵入してこないようにつながった構造になっています。ブーツとかでよくあるやつ。

これで水が入ってきません。

ちなみに、土踏まずのあたりにあるエアダクト(穴)も廃されていますのでご安心ください。


ディテールをよく見てみれば通常のコンバース・オールスターとの違いも認められます。

実際にコンバース・オールスターを着用


こんな感じです。まあよくあるやつ。
少しだけ大きめを選んで、靴紐で縛ってあげるのが好きです。

靴紐を結んだときに紐の先端が地面にギリギリつかないくらい。


A.P.C.プチニュースタンダードの赤耳をチラ見せしてみます。
関連記事:【デニムを育てる】A.P.C.プチニュースタンダードを着用1年で初洗濯!自分で糊落とししてみた - 理系男子のぐうの音

足の形がしっかり出るようなスッキリさ。細いパンツにも太いパンツにも合わせることができます。


通常のコンバース・オールスターよりもクッション性があります。

タン部も二重でソールも肉厚。でもアッパーは布1枚(GORE-TEXレイヤーはあるけど)なので、足への圧迫感に統一性がないというか。

通常モデルより特別履き心地が良いというわけでもなさそう。
でも、長時間歩いたときの疲れにくさ、という点では優れますね。

GORE-TEXなので水に濡らしてみた


GORE-TEXだからといって、新品のスニーカーを大胆に濡らすのは気が引けて。

この程度だと検証にもなりませんが、全く濡れませんでした。一応。

写真を撮影したのとは別の日に、雨の中でも履いてみましたが実に快適ですね。
でも「さすがGORE-TEX」と言えるくらいその防水透湿性を試す機会がまだないのが正直なところ。

強い雨の日が楽しみです。

今日のぐうの音

サクッと紹介してみました。

定番商品がほしいけど、他人と同じものはイヤ。そんな二律背反を解消してくれる商品ですね。
同じに見えて、少し違うみたいな。

大事に履いていこうと思います。

最後のどうでもいい話 タイトルに「進化」という言葉を使いました。
みんな何でもかんでも「進化」にしたがりますが、正確には「進化」は世代をまたいで変わっていくことを指します。
幼虫が蛹に、蛹が蝶になるのは「変態」が正しいんですね。

コンバース・オールスターは世代をまたいで変わっているので、今回は「進化」であっていると思います。

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved