カメラ

全天球カメラのプロ向けモデル「Insta360 Pro」はなんと8K![PR]

こんにちは、るびこです。

RICOH THETAを始めとする全天球カメラ。VRが一気に普及するにつれ、360°撮影できる全天球カメラも人気が急上昇しています。

  • すでに全天球カメラをお持ちのあなた
  • もう普通の全天球カメラじゃ満足できないあなた

次のステージに進んでみませんか?
プロ仕様のInsta360 Proをご紹介します。


プロ向けの全天球カメラInsta360 Pro

f:id:gu-none:20180725193210j:plain
引用:https://www.tomtop.com/jp/p-d4736eu.html

この見たことないフォルム。なんかすごそう。

一般的な全天球カメラは2つのレンズで360°撮影しますが、Insta360 Proはなんと6つもレンズを搭載しています

6つの動画をリアルタイム処理なんて、できるものなんですね。驚きです。
主要なスペックは以下の通り▼

  • 360写真の解像度:最大8K(7680×3840)
  • 360ビデオ解像度:最大4K @ 30fps(3840 * 1920)(リアルタイムステッチ/ライブストリーミング)
    最大8K @ 30fps(7680 * 3840)(後処理ステッチング)
  • 360の3D写真の解像度:最大8K(7680 * 7680)
  • 360の3Dビデオ解像度:最大4K @ 24fps(3840×3840)(リアルタイムステッチ/ライブストリーミング)
    最大6K @ 30fps(6400 * 6400)(後処理ステッチング)
  • ファイル形式:MP4、JPG、RAW
  • ISO感度:100-6400
  • バッテリー寿命:約75分間持続
  • 重量:1228g

詳細はTOMTOP公式サイトで▶Insta360 Pro 8K VR Video Camera

動画も8Kで!

f:id:gu-none:20180725202844j:plain
引用:https://www.tomtop.com/jp/p-d4736eu.html

VRは高解像度で撮影しても、実際に目の前に表示される部分にトリミングされてしまいます。

つまり、「高解像であればあるほどよい」ということ。
通常のディスプレイに写すなら4Kもあれば十分ですが、VRなら高解像なら高解像なほどいい。

つまり最大8K 30fpsで撮影できるInsta360 ProはVRにおいて圧倒的に優位ということです。

視差を利用した3D動画も撮影可能

なんと、Insta360 Proは3D撮影も可能なんです。
魚眼レンズを6枚も並べることで、オーバーラップを生じさせることができるのでしょう。

化物スペックで殴ってくるあたりかっこいい。

3DでVRとか、そこはもはや現実世界ではないでしょうか。

それが自分で撮影できてしまうなんて驚きです。もう技術はそこまで到達しているのですね。

※通常の動画は8K 30fpsですが、3D動画だと最高でも6K 30fpsとなります。

スタビライザー搭載で手ブレも軽減

ジンバルも使う人をよく見かけるようになりました。効果は凄まじいですが、持ち運びは辛いですよね。

このInsta360 Proならスタビライザーが搭載されているので、動画撮影時の手ブレを補正してくれます。

お値段もプロ仕様

f:id:gu-none:20180725203244j:plain
引用:https://www.tomtop.com/jp/p-d4736eu.html

これだけ飛び抜けたスペックを持つInsta360 Pro。当然お値段も飛び抜けています。
なんと、¥343,308です。ハイアマチュア向けの一眼レフ本体と同じくらいですね。

センサー6つ、魚眼レンズも6つついていると思えば、妥当性もある価格かもしれません。

今回、この記事をお読みのあなたへ、クーポンをご用意しました。


クーポン:SISPRO
価格:¥343,308 → ¥337,680
8/31まで

詳細はTOMTOP公式サイトから▶Insta360 Pro 8K VR Video Camera


今日のぐうの音

一度は使ってみたい・・・。

下位モデルのInsta360 Nano Sなら10分の1くらいの値段で4Kが楽しめるので、そっちで練習してみますか。

「理系男子のぐうの音」の人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です