カメラ

4K対応360°カメラ ”Insta360 ONE” がTOMTOPでセール中(PR)

f:id:gu-none:20170920232201j:plain

最近日本で話題の全天球カメラのセール情報の紹介です。
記事の最後に1万円以上の値引きクーポンがあるのでぜひご確認ください。
※現在はセールが終了しています

Insta360 ONEのメリット

  • あらゆる面で高スペック
  • 軽量・小型で気軽に持ち運べる
  • 8 GBマイクロSDカード付きですぐ使える

Insta360 ONEのデメリット

  • センサーサイズが不明(筆者がセンサーサイズ中毒なため)
  • 日本語対応か不明
  • とびきり安いわけではない


360°カメラとは

まずはこちらの動画をご覧ください(英語)

Insta360 – Introducing the Insta360 ONE

英語わからなくてもどんなカメラなのかはわかります。

全天球カメラともいい、パノラマ写真の到達地点とも言えると思います。
その場所の上下左右360°の景色を記録することが出来るカメラです。

流行のVRと組み合わせれば、あたかもその場所にいるかのような気分になれます。

人気がジェットブログmonographさんでも記事のなかでも同製品が使用されています。
number333.org

Insta360 ONEの簡単なスペックの紹介

レンズ:F2.2
写真の解像度:6912 * 3456
ビデオ解像度:3840 * 1920 / 30fps、2560 * 1280 / 60fps、2048 * 512 / 120fps(Bullet Time)
写真のフォーマット:insp、JPEG、RAW
ビデオフォーマット:insv、MP4、LOG
サイズ:96 * 36.5 * 25mm
重量:82g

これを見て、「ほう、なかなか・・・」
と思えるならTOMTOP公式サイトで確認してみてください。

スペックシートを見ても「・・・?」という方は続きをぜひ読んでみてください。

RAWで撮れる

写真を趣味としているので、ここに反応してしまいました。
ちゃんとRAWで撮れるんですね。

RAWというのは簡単に言うと、加工で劣化しない写真データです。
撮れている範囲が広いので、晴れていれば基本太陽が映り込むと思います。
それでもRAWならきちんと補正できるので安心ですね。

VRを想定するなら高解像に越したことない

f:id:gu-none:20170920232348j:plain

VRはあらかじめ360°データがある中で、本人が向いた方向の画像を表示してくれるものです。
つまり、VRで見えているのは画像をトリミングされた一部ということです。

4Kで撮影しても、VRで見える範囲では4K以下に解像度は落ちてしまうということです。
だったら元データはなるべく高解像度のほうがいいですよね。せめて4K。

ちなみに全天球カメラで有名なRICOH THETAは最上位モデルのみ4Kで動画撮影できます。
スタンダードモデルは2Kです。

動画の解像度に関してはRICOH THETAの最上位モデルと同等のスペックということです。

圧倒的なフレームレートのスローモーション動画が気になる

前項で説明した4K動画では30 fpsの撮影となりますが、解像度を落とすと最高120 fpsで撮影できます。
1秒間に120コマです。スローモーション再生ですね。
スポーツなどを撮ったらどんな風に見えるのか・・・とってもおもしろそう。

ちなみに後処理によって240 fpsになるそうです。
時間軸のアップコンバージョンですね。どのくらいの精度なんでしょうか。

と思っていたら動画を見つけました。

Insta360 ONE – Bullet Time Tutorial

水着の金髪女性が動画中に登場するので要チェック。

今日のぐうの音

かなりハイスペックな端末であるということはお分かりいただけたかと思います。

  • 普通の写真・動画に飽きてきた
  • 全天球カメラを探していた

という方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

「理系男子のぐうの音」の人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です