理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

【ミラーレスユーザー必携】希少!AF可能なマウントアダプターまとめ[PR]

レンズ沼からこんにちは、るびこです。

あなたが普段使っているカメラはなんですか?スマホ?コンデジ?一眼レフ?

もしミラーレスと答えたなら!マウントアダプターを持っていないと損ですよ!?
マウントアダプターの解説とマウントアダプターのセール情報をお知らせします。

マウントアダプターとは


レンズ交換式のカメラは、同じメーカーの純正レンズしか使用できません。あるいはサードパーティー製でも、そのカメラメーカー向けに設計されたレンズである必要があります。

  • ○→SONY製カメラ&SONY製レンズ
  • ○→SONY製カメラ&SIGMA製レンズ(SONY向け)
  • ×→SONY製カメラ&Canon製レンズ
  • ×→SONY製カメラ&SIGMA製レンズ(Canon向け)

※一部、同じ会社でも使用できない組み合わせがありますが、割愛します。

上記の例で「×」の組み合わせを使用可能にするのがマウントアダプターです。

  • △→SONY製カメラ&マウントアダプター&Canon製レンズ
  • △→SONY製カメラ&マウントアダプター&SIGMA製レンズ(Canon向け)

つまりマウントアダプターはカメラメーカーとレンズメーカーの枠を超える夢のアイテムなのです。
「△」としたのは、公式ではないため、オートフォーカス(AF)や絞りなどが機能しない可能性があるためです。

AF対応マウントアダプター

基本的にマニュアルフォーカス(MF)でしか使用できないのがマウントアダプターです。

しかし一部、純正レンズのようにAFや絞りが動作するマウントアダプターも存在します。シグマやメタボーンズのSONY E→Canon EFが有名ですね。

少々値段は張りますが、撮影に時間の取れない旅行や動き物の撮影にはAF対応は必須とも言えるでしょう。

AF対応のマウントアダプターと言えば、SONY E→Canon EFばかりが取り上げられがちですが、今回は他のマウントの商品を紹介します。

貴重なAF対応のNikon F→SONY Eマウント

f:id:gu-none:20180224225750j:plain

Nikon Fマウントはオールドレンズ入門としても当サイトでもオススメしています。
関連記事: SONY αでNikon Fレンズを使うためのアダプターの選び方【K&F Concept】 - 理系男子のぐうの音

そんなNikon FレンズをAFで使えるようにする珍しいマウントアダプターです。

Nikon Fマウントはフィルム時代から変わっていないので、これ一つあればオールドレンズから最新のレンズまで使えてしまいます。レンズ沼が捗りそう。

現在セール中で、残りも減ってきているので気になる方はお早めに。

AF対応のCanon EFマウント→マイクロフォーサーズ

f:id:gu-none:20180224230006j:plain

フルサイズ機のサブとしてマイクロフォーサーズを使用している方も多いはず。

メイン機とレンズを共用できるマウントアダプターは持ってて損なし!フルサイズ機を広角担当、マイクロフォーサーズ機を望遠担当と使い分けてもおもしろそう。

フルサイズの画角をAPS-Cでも楽しめるマウントアダプター

f:id:gu-none:20180224230015j:plain

こちらのイメージを見ていただければ分かるかと思います。このマウントアダプターを介すると、像が0.71倍に変換されるのです。マウントアダプター内部にレンズ群を内蔵しています。

何が起きるかというと、フルサイズ対応のレンズをAPS-Cセンサ搭載のカメラに使用した時に威力を発揮します。

例えば、50 mmのレンズがマウントアダプターで0.71倍に、センサーサーズの違いから1.5倍相当になるので、換算53.25 mmのレンズとして使用できます。つまり、おおむねそのレンズ本来の画角になるんですね。

※当然レンズ群を1組余分に挟むので収差は発生するかもしれません。作例で確認したいところ。
※また、フルサイズのセンサ搭載(α7シリーズ)で使用するとケラます。

今日のぐうの音

せっかくフランジバックの短いミラーレス使っているなら、色んなレンズ試さないともったいない!

もしAFの精度が不安定な時は、ミラーレス機ならMFアシストも充実してますから安心ですね。

関連記事にオールドレンズ情報も載せておくので是非みてみてください。

関連記事

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

www.gu-none.com

Copyright© 理系男子のぐうの音 All Rights Reserved