読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

【レビュー】一万円台なのに美しい!格安スマホMaya Max開封の儀(PR)

Android ガジェット レビュー PR

こんにちは、るびこです。

HuaweiやASUSのスマホがようやく日本でもよく見るようになってきました。
技適さえ通れば次に日本で流行るのはXiaomiかな?

その次くらいに流行りそうなBLUBOOというメーカーの6インチスマホ・Maya MaxをGEARBEST様よりご提供いただきましたのでレビューします。

BLUBOOって?

正直私もレビュー依頼の話をいただくまで知りませんでした。
XiaomiとかZTEとかなら知ってて、ギリMeizuも聞いたことあるくらい。

▼調べてみたらラインナップとかはまだ少ないようですが、立派なスマホメーカーでした。
Edge | BLUBOO

ちなみに中国人の友人もBLUBOOは知らなかったです。

BLUBOO Maya Max到着〜開封の儀


届きました!
中国からの発送でしたが、いつどの空港に到着して、とか追跡できるので面白かったです。


白い厚手のビニールにくるまれてます。


シンプルだけど質素な箱ですね。


裏面には対応周波数などスペックが記載されています。


パカっと開けてみます。


同梱されている物はこんな感じ。
中国のスマホではケースがついてくるのが多いみたいですね。

私は裸族なので、とりあえずは使いません。
関連記事:iPadを裸で使いたい私が買ったiPadケースが超オススメなので紹介する【裸族】 - 理系男子のぐうの音

そのうち、ケースのレビューもしてみます。
裸族だと痛い目みるぞ▼
Huaweiのスマホが割れたのでY!mobileに修理に出した結果【保証は必要?】 - 理系男子のぐうの音


最初に貼ってあるフィルムを見ればなんとなく使い方がわかるようになっています。

BLUBOO Maya Max 起動ッ!!


初回は結構時間かかりました。


画面の綺麗さは、、、こんなもんか。


って、フィルム剥がすの忘れてた!
剥がしたらなかなかの綺麗さ!
ジャパンディスプレイの6インチ液晶さすが!!


背面はこんな感じ。
アルミボディで平行にヘアライン入ってて結構高級感あります。


厚みはそこそこ。
結構ずっしりきます。


背面がカーブしてるので持ったときの安定感は抜群です。

ただ、このカーブと出目金カメラのせいで机においたときに不安定なのはトレードオフなので仕方ないですね。

スタンドを使えば解決なんですけどね▼
Amazonで680円のiPadスタンドを買ってみました。案外よさそう - 理系男子のぐうの音

一番感動したポイント


イヤホンのところにデフォルトでこれが入っています。
何に使うかって?


側面のSIMカードスロットを開けるための工具なんです!


普通は糸通しみたいのが必要なんですが、こうやって常に持ち運べるのは頭いいと思いました。
これだけで300円くらいで売ってくれないかなあ。

と思ったらAmazonにありました▼

実際に使ってみて

実際に2週間ほど使ってみたのでその感想をまとめます。

重さ・サイズ感


214 gとまあまあの重さ。
ちなみに私が普段使っている5インチのHuawei P8 liteは135 gでした。


9.7インチのiPad Air 2とくらべて6インチのMaya Maxのサイズ感はこんな感じです。
電車で立ちながらブログ書くにはちょうどいいですね。

指紋認証が快適

このスマホ、1万円台なのに指紋でロック解除できるんです。

スピードもiPad Air 2とほぼ変わらず、満足です。

スペックもなかなか

f:id:gu-none:20170307231455j:plain
引用: Maya Max | BLUBOO

部品メーカーまで書いてくれているのは珍しいですね。
重いゲームなどをしたわけではありませんが、普通に使う分にはストレスを感じることはありません。
少なくともP8liteよりは快適。

カメラは別記事で改めてレビューします。

電池持ちがめちゃくちゃいい

1日使い倒して残り70%とかです。
残量表示のほうが間違ってるんじゃないかってくらい。

Zenfone Maxみたいに「Max」は電池容量が多いことを示しているんですかね。
4200 mAhだそうです。

スリープからの復帰が遅い時がある

これは少しストレスです。
一旦起動してしまえば、サクサクなんすけどね。

あれ、押せてなかった?
と思ってもう一度押してまたスリープにしてしまうことがままあります。

画面輝度調節が早い

個人的には暗くなるときには素早く、
明るくなるときにはじんわり

ってのが好みなんですけど、明るさがテキパキ変わります。
コロコロ素早く変わると言ってもいいかも。

キーのつくりが残念

側面のハードキーがカタカタいいます。
内部から板バネでしっかり抑えていないのでしょう。

iPhoneのボリュームキーがカタカタいうなんてありえませんね。
細かいところにコストカットの痕跡が見られます。

今日のぐうの音

この値段でこの品質。
中華スマホ恐るべしと思いました。
これから国産は大丈夫なのか心配になります。

それだけ、このスマホは満足度が高いです。

※SIMフリーですが、技適を通過していないので自己責任でお願いします。

購入はこちらから▶Bluboo Maya Max

Gearbest Bluboo Maya Max

www.gu-none.com

www.gu-none.com

【スポンサーリンク】