理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。

【スポンサーリンク】

【はじめてのMac】WindowsからMacに変えて戸惑ったこと6つとその解決法

こんにちは、るびこです。

私はずっとWindowsを使っていましたが、最近MacBook Proを購入しました。
関連記事:【速報】発売翌日に新型13インチMacBook Pro(Late 2016)購入!開封の儀とレビュー - 理系男子のぐうの音

やはりちがうOSなので勝手が違って困ることもあります。
実際に操作の違いから戸惑ったこと、そんな時Macではどう操作すればよいのかをまとめます。

目次

比較するOS

私が以前使っていたのはWindows 7
現在使用しているMacBook ProはmacOS Sierra
です。Windowsは少し前のOSが比較対象なのでご了承ください。

困ったこと1:Deleteキーがない

間違ってますけど間違ってません。
正確には「Windowsで言うDeleteの機能を果たすキーがない」です。
ちなみにWindowsでいう「BackSpaceキー」のは「delete」と印字してあるキーがあります。BackSpaceと同じ役割です。

ブログ執筆にPCを使うので、たくさんタイピングします。推敲もします。
たまには書いた文章消します。

ほとんどの場合カーソルから左側を消したいので問題ありません。 でもたまにカーソルの右側を消したいときってありますよね!
でも、Deleteキーがないんです!!

解決策:fn + delete

「fn +delete」で解決です。カーソルの右側を消せます。
2キー同時の操作なので多少めんどくささはありますが、ちょうど右手の親指と中指で押しやすい位置なのでいいことにします。
正直、Deleteキーがあったほうが捗ります。

困ったこと2:F7でカナ変換などができない

もちろんカタカナも打ちます。
最近のIMEは優秀なので、打ち終わる前に予測変換に表示されています。
したがって昔ほどの重要度はないかもしれませんが、やっぱりしたいですよね、一発カタカナ変換。

もちろんF6でひらがな、F8で半角カタカナなどもできません。
Fキーにはディスプレイの明るさや音量、再生中の曲の操作などが割り当てられています。

解決策:control + K

これも2キー同時押しですね、手間は増えます。

キーボードの下から3番目の段は、Jから右に

  • control + J ー全角かな変換
  • control + Kー全角カナ変換
  • control + Lー全角英数変換
  • control + ; ー半角に変換(カタカナは半角カナに、英数は半角英数に)
  • control + : ー半角英数変換

となっています。一列なので覚えやすいですね。

困ったこと3:全画面表示で時計が表示されない

ウインドウを全画面表示させると、本当にそのソフトが全画面で表示されます。
Windowsならタスクバーに時計が残っていましたが、Macではそんな気遣いはなく全画面です。
潔いですねえ。

解決策:今のところなし

どうしても困るってわけではないんですが、ふとした時不便です。
今のところ解決策なし!
画面上部にマウスを持っていくか、別の時計を見るしかないです。

これはなんとかならないかなあ

困ったこと4:ブラウザのタブ移動のジェスチャーがほしい

やっぱりMacはTrackpadが便利なんですよ!もう一度使うとやめられない!
そこで、ブラウザのタブを切り替えるジェスチャー作ってくれませんかねえ。
2本指で左右にスワイプは「戻る」に、3本指でスワイプは「別のデスクトップへ」に割り当てられているのでもう余地はないかもしれませんが。

解決策:ピンチアウトから選択(Safari)

これも手間なんですが、ピンチアウトでタブ一覧を開けます。
そこから見たいタブを選ぶっていうのがTrackpad操作だといいですね。

ショートカットキーを使うのが正解なのかもしれません。

困ったこと5:Shiftキーを押しながら複数選択できない

Windowsだとあるファイルを選択して、Shiftを押しながらまた別のファイルを選択するとその間のファイル全てが選択できますよね。
Macでもそれは同じなんですが、ある条件下ではそれができないんです。
それは、「ファイルをアイコン表示している」とき。

ファイルを名前で表示しているときはファイルは上から下に並んでいるのは当然ですよね。
じゃあアイコン表示したときはどうか。無意識に横に並んでいると思っていませんか?
私もそうです。Windowsではそれが正しかったんです。

なんで横なのか?根拠はないですよね。常識だから?
Macではその常識は通用しないみたいです。整列をかけない限り、ドロップしたところにぐちゃぐちゃなままですからね。

解決策:アイコン表示をやめる or ドラックして選択

ファイル名表示で並びの定義を明確にするか、ドラックで選択するしかないようです。

困ったこと6:ドラックの方法がわからない

Windowsではマウスパッドでドラックする場合、

  • 片手はボタンを押してでクリックしながら、反対の手はマウスパッドでポインタ(矢印)を動かす
  • マウスパッドをダブルタップしてそのままポインタを引っ張っていく

の2通りだと思います。
MacのTrackpadはクリックするためのボタンがないんです。
そしてダブルタップから引っ張ってもドラックできない!さてどうしたものか

解決策:Trackpad全体がボタンでもあるという認識

Trackpadは押し込めるんですよね。押し込んでそのままポインタを引っ張ればドラックできます。
これはWindowsより楽ですね。ここにきてやっと。

広範囲をドラックしたい場合
両手を使います。片手はTrackpadを押し込んで、もう片方の手でTrackpadをスワイプしてポインタを動かします。
このとき、押し込んでいる指を横切るようにスワイプしてください。つまり

  • からなら、押し込んでいる指より上から、押し込んでいる指の下まで
  • からなら、押し込んでいる指より左から、押し込んでいる指より右まで

イメージできましたか?

今日のぐうの音

Windowsと比べて使いにくい点を指摘しましたが、TrackpadのジェスチャーなどMacならではの捗るところもたくさんあります!
それも今後記事にしますね。
WindowsからMacへ乗り換えを考えているからの参考になればうれしいです。

おすすめのMacBook Proケースはこちら

関連記事:おしゃれなMacBook Pro用のケースでiPadケースとおそろいに - 理系男子のぐうの音

gu-none.hatenablog.com

gu-none.hatenablog.com

gu-none.hatenablog.com

gu-none.hatenablog.com