読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

【ヒトのエゴ】地球温暖化は地球からしたら全く問題ないよ

f:id:gu-none:20170405214942p:plain
こんにちは、理系ブロガーるびこです。

サイエンスのお話をします。
専門家ではないので間違ったところがあったらご指摘ください。

【気温の話】惑星の表面の温度が一定な必要はあるのか

水星では日陰は-160℃で日なたは420℃です。
そんな星の平均気温がたとえ10℃上がったくらいで誰が気にしますか?
参考リンク: 水星 - Wikipedia

実際に地球は?

氷河期から比べれば、ここ数100年はとんでもない温暖化ですよね。
いまは間氷河期といっていいのかな?

間氷河期という言葉が存在することから、氷河期と間氷河期は繰り返すことが暗示されます。
氷河期が終わり間氷河期にはいるときは徐々に気温が上がっていくはずです。

地球の気温が一定であるという認識は正しいのでしょうか?
気温は変化して然るものとも考えられます。

【温室効果ガスの話①】生物が大気を作り変えるのはあるある

「人間が二酸化炭素を大量に発生させて大気の構成を作り変えちゃいかん!」
みたいな風潮ありますよね?

でも、生物が大気の構成を変えるのはことはよくあること。

原始時代にはじめて酸素を吐き出した生物

例えばストロマトライト。厳密にはシアノバクテリアですか。
大昔に酸素を吐き出し始めました。
いま酸素があって呼吸ができるのもコイツのおかげです。
参考リンク:ストロマトライト - Wikipedia

酸素発生はよくて、二酸化炭素発生はダメ?

ストロマトライトの酸素はは多くの命を育んだ。
人間は二酸化炭素を出して他の生物を絶滅させるからいかんのだ!

って思いますよね?

大気中に酸素が存在する以前は、その環境に適した生物がいました。
彼らにとっては酸素は猛毒で、多く死に絶えたでしょう。

だから結局、人間が二酸化炭素を大量に排出しても、それに適応できた生物が生き残り進化し繁栄する。
それだけのことなんです。

オゾン層も必要ない

オゾン層を破壊した人間も悪いですが、紫外線にめっぽう弱い人体の構成も悪い。

もし、オゾン層が消滅すれば、
紫外線に強い生物が生き残り、紫外線に強くなるよう進化した生物も首の皮一枚つながり、それ以外の生物は絶滅する。

地球にとってはたったそれだけです。

【温室効果ガスの話②】最も身近な温室効果ガスは二酸化炭素ではない!?

そのそも、なぜ二酸化炭素が悪者なのか。
植物にとってはお米のようなエネルギー源ですよね。

きっと多くの人が「温室効果ガスだから」
と紋切り型の答えを返すでしょう。

二酸化炭素以上の温室効果ガスとは

でもね、水蒸気のほうが強い温室効果を持つんです。
じめじめした日本の夏の夜は暑いけど、昼は灼熱の砂漠の夜は涼しいことを考えればわかると思います。

科学的には、赤外吸収スペクトルをみるとよくわかります。

f:id:gu-none:20170405205825g:plain
引用: FTIRと水 : 株式会社島津製作所

水(水蒸気)のほうがピークが高く、広いことがわかりますね。
厳密に言うと違うけれど、蓄えることができる熱エネルギー量の違いと考えてください。

ーーここで全然関係ない話ーー

「教科書貸してくれてありがとう!結局授業で使わなかったわ!

この太字と同じくらい、
理系の話す「厳密に言うと違うけれど」は余計な一言だと思ってます。

自分より詳しい人に「コイツ分かってないな」って思われたくないだけですね。

ーー関係ない話おわりーー

なぜ二酸化炭素が悪者にされたのか

まず、空気中の水蒸気を減らすって現実的じゃないです。
悪者に仕立て上げるには力不足なんですね。

比較的わかりやすい二酸化炭素を悪者にしておけば、温暖化で闇雲に不安を煽るだけでなく、一筋の光を示すことができます。
簡単に言えば、新たな経済活動・消費を生めるってことですね。
エコカー減税とかさ。

二酸化炭素を減らすのは結構ですが、

温室効果ガス=二酸化炭素

というのは大きな誤りだと言うことを覚えておいてください。

【絶滅危惧種の話】生物は絶滅するもの

話は少し前後します。
絶滅は絶対悪と考える人が多いです。

もちろん、これまでいた生物が地球上に存在しなくなるのは寂しいですね。
でも、それ以上でもそれ以下でもないんです。

まあ、その生物に研究的価値があるとか特殊なケースもありますけど。

元も子もないような言い方ですが、
優れた種が生き残り、劣った種は絶滅します。

それが普通なんです。

人間の都合で絶滅するからダメなんでしょうか?
じゃあ、大腸菌O157だって生物です。絶滅しそうだったら培養しますか?

もし絶滅しそうな大腸菌を培養しないなら、結局は偽善ということです。 (もちろん、イーコリにお世話になってる研究者は血眼で培養します。)

つまるところ、「人間のせいで絶滅させた」
としたくないから、必死に絶滅危惧種を保護する。そういうことです。

【異常気象の話】異常気象は誰にとって「異常」なの?

大昔、地球ができて間もないころ。
海ができるころは、毎日大雨が普通です。
もし日本晴の日があればそれは異常気象でしょう。

地球の長い歴史からすれば、人間が繁殖しやすいここ数千年の穏やかで暖かい気候が「異常」かもしれません。

台風が増えたり、日照りが続いたり。

これを異常と呼ぶならば、
たまたま人間が住みやすかった気候を「正常」と定義して、
住みにくいものを「異常」と決めているということですね。

今日のぐうの音

「地球温暖化なんて大嘘だ!」とか
「環境汚染しまくっても大丈夫!」とか言いたいわけではありません。

化石燃料ガンガン燃やして産業革命するのも、
二酸化炭素の排出量を競って削減するのも

どっちが正義でどっちが悪ってことはなくて、
「人間の生活を快適にする」という意味では本質的に同じなんですね。


たまたまラジオで地球温暖化の話を聞きました。

「環境を守る」とか「地球のため」みたいに聞こえました。
でもそれは、

  • 人間が住みやすい環境を守る
  • 地球の居心地をよくするため

という意味が隠されていることを忘れないようにしたいな、と思いました。
おしまい。

www.gu-none.com