読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系男子のぐうの音

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

会社で消耗しはじめの新人によるブログ。
ガジェット、ファッションを中心としたライフスタイルを提案する雑記。ほぼ毎日19時更新

【スポンサーリンク】

五輪で日本人が勝っても、同じ日本人がみんな優れているわけではない

 こんにちは、るびこです。

 

 五輪で日本人が活躍していますね。

私はもちろん日本を応援していますが、ふとタイトルのようなことを考えてしまいました。

 

そもそもなぜ日本を応援するのか

言ってしまえば日本人選手も外国人選手も「知らない人」という意味では同じなはずなんです。

まだ結果を出せていない頃からファンで、、、というのなら話は別ですがオリンピックではじめて名前を知ったような選手を応援するのにはどんな義理があるのでしょうか。

 

出身地が同じ国内で近いから?

その原理で言うと、「アメリカ VS 中国」の試合では中国を応援することになりますが、必ずしもそうではないです。

 

メディアが日本人贔屓な報道をするから?

日本のメディアが日本人を中心に報道するのはそのほうが視聴率が取れるからなので、ニワトリが先かタマゴが先か問題ですね。

 

それでもやっぱり日本人が勝つと嬉しい

それはやはり優れた日本人を見ることで、同じ人種である自分自身も優れていると感じることができるからではないでしょうか?

はっきり言ってそれは間違いだと思います。

 

五輪を見て何を思うか

日本人も外国人もみんな努力しているんですね。

その姿勢を学びたいと思います。

あと、人間って極めればこんなこともできるんだ、と素直に驚く。

 

ややもすると

すごい日本人がいる → 日本人はすごい → 自分まで誇らしくなる

となりがちなので気をつけようと思いました。

【スポンサーリンク】